平塚版 掲載号:2013年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

相州だるまの伝統感じて 市博物館で展示

ずらりと並ぶ華やかな相州だるま
ずらりと並ぶ華やかな相州だるま

 市博物館2階情報コーナーで、相州だるま展が行われている。相州だけでなく、多摩や高崎の大小様々な約30点のだるまと、製造に使用される道具が並ぶ。

 他県のだるま市が正月から3月頃まで開かれるのに対し、神奈川県は12月に多いことから「平塚の伝統的な縁起だるまを多くの人に知って欲しいので、毎年この時期に展示しています」と学芸員の浜野達也さんは話す。

 相州とは昔の相模国(神奈川県周辺)の総称で、この地方のだるまは顔が白く、まぶたには金箔が貼られる。眉やひげの描写が細かいのも特徴で、目玉を金色に塗る例もある。毛付きの金目だるまは多摩だるまの流れを汲み、華やかな相州だるま最大の特色となっている。

 相州だるまは明治30年頃に四之宮で発祥し、現在は本家長嶋達磨店、荒井だるま屋、長嶋福ダルマ物産の3軒が製造に携わっている。型は同じだが、顔の描写や金線模様、お腹に入る「福入」の文字色などが異なるという。

 浜野さんは「県内各地でだるま市が開催されているので、機会があれば足を運んでみてほしい」と話している。展示は2014年1月26日まで。午前9時〜午後5時(入館4時30分まで)。問い合わせは同館【電話】0463・33・5111。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク