平塚版 掲載号:2014年3月20日号
  • googleplus
  • LINE

「学んだこと伝えて」 少年消防クラブ修了式

小林消防長から修了証を受け取るクラブ員
小林消防長から修了証を受け取るクラブ員
 市内の小学校5・6年生が消防に関する知識と技術を学ぶ「平塚市少年消防クラブ」の修了式が3月15日、消防本部で行われた。

 幼いころから防火・防災の意識を高めてもらおうと市は2012年度から同クラブの事業を開始。行事に参加して知識と技術を身につけるだけでなく、規律正しく、明るく元気に育つことを目的にしている。

 22人のクラブ員は消防車両の乗車、消防学校での研修、応急手当の実践、消防出初式での放水演技などを体験。吉田千愛さん(八幡小6年)は「1年間楽しく、勉強になった」と話した。

 修了式で小林節太郎消防長は「みなさんたくましく成長しました。学校では防火・防災の代表となってみんなに学んだことを伝えてください」と言葉を送った。

平塚版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク