平塚版 掲載号:2014年6月5日号
  • googleplus
  • LINE

東北被災地に手作り積み木を届け続けている 大垣 明弘さん 中堂在住 41歳

被災地に温もり積み上げる

 ○…「建物は崩壊、津波が人をのみ込むあのすさまじい映像を見たら、誰だって何かしたいと思ったはず」と熱っぽく語る。東日本大震災の直後から有志と共に、被災地の子ども達に手作りの積み木を届ける「play to pray積木プロジェクト」を行っている。これまで被災地の保育園や小学校10カ所以上を訪ね、およそ1万5000個の積み木と笑顔をプレゼントしている。

 ○…震災当時、勤め先の建築現場で大量に出る端材を何かに生かせないかと考えたのが活動のきっかけ。端材で作った三角形の積み木に、地元の子ども達に応援メッセージやイラストを書き込んでもらい、数が集まるたびに被災地へ届ける。「被災地の子どもがお礼の手紙や積み木で遊んでいる写真を送ってくれたこともある。嬉しいですね」とにっこり。最近では、子どもの日にちなみ鯉のぼりをかたどったユニークな積み木もプレゼントしたといい、「時には遊び心も忘れずにね」と白い歯を見せる。

 ○…生まれも育ちも平塚。3人兄弟の末っ子で、幼い頃からものづくりが大好きだったという。大学卒業後は、建築士を志してゼネコンでの工事監督をはじめ、設計や営業など建築のあらゆるノウハウを学び、経験を積んだ。「設計は上手くいかない時こそワクワクする。試行錯誤してもっと良い家を造ろうと考えている瞬間が楽しい」と目を輝かせる。今年4月には、自ら設計した自宅を改装し、念願の建築設計事務所を構えた。

 ○…チャリティTシャツを地元の人々に800枚販売し、その売り上げで被災地の子どもを平塚に招いたこともある。「地域の人々の温かさに触れた。やっぱり平塚は大好きなまち」と地元への愛着を滲(にじ)ませる。休日になれば、愛娘2人を連れて平塚海岸を散歩する。「貝殻拾いに夢中になる娘達を眺めている時間は至福のひととき」と父の顔をのぞかせた。

暑中お見舞い申し上げます

奉仕の意志ある女性たちが活躍

国際ソロプチミスト平塚は来年40周年を迎えます。

https://www.townnews.co.jp/0605/2018/07/12/440092.html

レオスイミングスクール

夏の短期水泳教室開催!期間中に入会で受講料キャッシュバック+入会特典あり

http://www.leoswim.com/

平塚市商店街連合会

市内33商店街が団結し、消費活性の中核となって「明日の平塚」を拓いていきます

http://hiratsuka-shoren.com/

湘南スターモール商店街

七夕の街の商店街。毎月第3土曜「まちかどマルシェ」も開催中です。

http://shonan-starmall.com/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

平塚版の人物風土記最新6件

高岡 捷二さん

ライオンズクラブ国際協会330B-7R地区のリジョン・チェアパーソンに就任した

高岡 捷二さん

7月26日号

二角(ふたかど) 怜治さん

湘南ベルマーレひらつかビーチパークのライフセーバーで監視長を務める

二角(ふたかど) 怜治さん

7月19日号

松井 洋子さん

国際ソロプチミスト平塚の会長に就任した

松井 洋子さん

7月12日号

大塚 直人さん

今年100周年を迎えた守山乳業株式会社の代表取締役社長

大塚 直人さん

7月5日号

松本 茂さん

(公社)神奈川県宅地建物取引業協会・湘南中支部長に就任した

松本 茂さん

6月28日号

塩田 貞吉さん

「湘南ひらつかふれあいマーケット」出店会の会長を務める

塩田 貞吉さん

6月21日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク