平塚版 掲載号:2014年6月26日号
  • googleplus
  • LINE

ツインシティ 地権者リスクへの担保言及 市長 伸び悩む地元同意受け

政治

 ツインシティ大神地区まちづくり計画について、土地区画整理組合の設立に向けた地元の同意状況が、6月11日時点で全地権者の約63%、事業計画面積では約52%であることが、市議会6月定例会の総括質問の中で明らかになった。土地区画整理法は、組合設立には地権者の人数と面積それぞれ3分の2(約67%)以上の同意が必要だと定めている。

 総括質問での答弁を総合すると、地元の土地区画整理組合設立準備会は今年1月から、事業着手に必要な地権者の本同意取得を進めている。11日時点で同意しているのは、全地権者350人のうち220人、事業面積約58haのうち30・2haで、法の定める3分の2以上の同意をまだ得られていない。市は区画整理事業を円滑に進めるため「8〜9割の同意が必要」との見方を示している。

 落合克宏市長は現在の同意状況について「現時点でこの数字は厳しい数字だと感じている」とし、「※減歩率が上がってしまうのではないかというのが一番、地権者の方たちの大きな不安」と述べ、地権者の抱えるリスクが同意率に影響しているとの見解を示した。

 さらに「減歩率を上げないための行政支援を腹をくくってやらないと、この街づくりは進まない。計画的な減歩率から上がらないような、地権者の追加負担がないような適切な支援を考えていかなければいけない」と言及。事業が想定通り進まなかった際に補助金を追加投入するなど、地権者のリスク解消に何らかの担保を検討する構えを見せた。

 組合設立準備会の事業計画では事業費総額の約220億円に対し、イオンモールや大和ハウス工業、平塚市などへの保留地処分金で約136億円、市と神奈川県、国からの補助金で約84億円の収入を見込む。その他、三井不動産から進出の意向も寄せられている。

 市長は「立地企業予定者や区域内既存企業の換地を除くと、20〜25haの産業系事業用地が残されており、インセンティブを活用しながら誘致を推進する」と話し、企業誘致に取り組む意向だ。

 市はこうした姿勢を示しながら地元地権者の同意を求める。しかし、当初は今年3月までに一定の同意を得て土地区画整理組合の設立認可を目指していたものの、現段階で法的に必要な3分の2の同意率を満たしていない。市が事業を円滑に進めるのに必要とする8〜9割の同意を得られるかは予断を許さない状況だ。

 市は今後について、土地区画整理組合設立認可、市街化区域編入など都市計画決定変更、環境影響予測評価書の公告といったツインシティを進めるための手続きを今年度中に行い、事業着手したいとしている。

暑中お見舞い申し上げます

奉仕の意志ある女性たちが活躍

国際ソロプチミスト平塚は来年40周年を迎えます。

https://www.townnews.co.jp/0605/2018/07/12/440092.html

レオスイミングスクール

夏の短期水泳教室開催!期間中に入会で受講料キャッシュバック+入会特典あり

http://www.leoswim.com/

平塚市商店街連合会

市内33商店街が団結し、消費活性の中核となって「明日の平塚」を拓いていきます

http://hiratsuka-shoren.com/

湘南スターモール商店街

七夕の街の商店街。毎月第3土曜「まちかどマルシェ」も開催中です。

http://shonan-starmall.com/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6件

ドラコン世界大会へ

市内在勤近藤さん

ドラコン世界大会へ

7月26日号

記録的猛暑 熱中症相次ぐ

新文化センター整備基準公表

見附台周辺整備

新文化センター整備基準公表

7月19日号

浜大門通り新光会に改称

返礼品用意し2100万円

ふるさと納税

返礼品用意し2100万円

7月12日号

「赤い惑星」に迫る特別展

市博物館

「赤い惑星」に迫る特別展

7月12日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク