平塚版 掲載号:2014年12月25日号
  • googleplus
  • LINE

日枝神社神輿保存会 正月に復興の光ともす 被災地から購入の灯篭 境内に

文化

電子絵灯篭を持つ石原会長
電子絵灯篭を持つ石原会長
 日枝神社(中原)の正月飾りに、宮城県名取市の震災追悼行事で使われている「電子絵灯篭」と同型の製品20基が並ぶ。復興の一助にと、神社の神輿保存会(石原和洋会長)が購入。神社の正月飾りを始めて25年、中原にゆかりある徳川家康の没後400年という2015年の幕開けに、「東北復興への祈りを込めたい」と石原会長は話している。

 日枝神社の神輿保存会は、発足30年の2008年から社会貢献活動を行うようになった。東日本大震災以降は、家康の命日に中原地区で開催される「東照権現祭」の運営費の一部を義援金に充てるなど、復興支援にも取り組んでいる。

 今年は義援金に代わる支援として、名取市閖上地区の追悼イベントで使用されている電子絵灯篭と同じ製品を、イベント主催者の名取市観光物産協会復興部会から購入。正月の神社に飾る大凧やまゆ玉などに加え、復興の象徴として明かりをともすことにした。

ソーラーパネルで充電・LED発光

 名取市では、震災翌年から紙製の絵灯篭とキャンドルで「光の道」をつくる復興行事を企画している。しかし2012年は雨、13年は強風で断念に追い込まれていた。復興部会などでつくる実行委は、名取市内のパナソニック仙台工場などの協力を得て、ソーラーパネルの電力で蓄電池を充電し、LEDを発光させる電子絵灯篭を開発。今年3月9日の追悼イベントで、1・2Kmの光の道を形作った。

 神輿保存会会長でパナソニック神奈川支店長を務める石原さんは、名取市へのエールとして、また灯篭づくりにボランティアで携わる仙台工場の従業員のためにと、保存会の了解を得て灯篭の購入を決めた。石原さんは「目に見える形での復興支援につながれば」と、神社に灯篭を設置することで参拝者に震災の記憶をとどめてもらいたいという。

 灯篭の点灯時間は、12月31日午後9時〜1月1日午前2時の予定。

暑中お見舞い申し上げます

奉仕の意志ある女性たちが活躍

国際ソロプチミスト平塚は来年40周年を迎えます。

https://www.townnews.co.jp/0605/2018/07/12/440092.html

レオスイミングスクール

夏の短期水泳教室開催!期間中に入会で受講料キャッシュバック+入会特典あり

http://www.leoswim.com/

平塚市商店街連合会

市内33商店街が団結し、消費活性の中核となって「明日の平塚」を拓いていきます

http://hiratsuka-shoren.com/

湘南スターモール商店街

七夕の街の商店街。毎月第3土曜「まちかどマルシェ」も開催中です。

http://shonan-starmall.com/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6件

ドラコン世界大会へ

市内在勤近藤さん

ドラコン世界大会へ

7月26日号

記録的猛暑 熱中症相次ぐ

新文化センター整備基準公表

見附台周辺整備

新文化センター整備基準公表

7月19日号

浜大門通り新光会に改称

返礼品用意し2100万円

ふるさと納税

返礼品用意し2100万円

7月12日号

「赤い惑星」に迫る特別展

市博物館

「赤い惑星」に迫る特別展

7月12日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク