平塚版 掲載号:2014年12月25日号
  • googleplus
  • LINE

歳末「火災にご用心」 発生原因最多は「放火」

社会

 空気が乾燥し火災規模が大きくなりやすい時季を迎え、12月25日から31日にかけて全国的に「歳末火災特別警戒」が実施される。

 市消防署管理担当によると、今年1月1日から12月17日までに市内で発生した火災は63件。12月単月では昨年の8件に対し今年は1件のみに留まっていることなどを例に挙げ「例年に比べ少ない」と話す。同担当は市民の防火意識の向上と、暖房器具の性能向上も理由ではと分析する。

 しかし合わせて「11月の秋の火災予防期間で、昨年の倍以上である9件の火災が発生してしまった」とし、更なる火災予防の強化を呼びかける。

 今年市内で発生した火災の原因で最も多かったものは、「放火(疑いを含む)」で28件。これは近隣自治体と比べ多い件数だという。予防課によると、放火は特に夜間の発生が多く、日照時間が短くなる冬には発生しやすい傾向がある。同課は「住宅だけでなく、自動販売機の火災も増えています。ゴミや刈った草など、家の周りに物を置かないこと、ライトの設置で死角を減らすこと」などを対策にあげる。

 発生原因で2番目に多かった「その他」にはショートなど電化製品が原因のものが多く含まれる。同課は「大掃除の際、コンセント周りのほこり取りや、電化製品の点検などの実施を」と呼びかける。

 市消防署では特別警戒期間中、夜間を中心に警鐘で「火の用心」を呼びかけながら市内を巡回する。29日(月)は、宮松町周辺で夕方の買い物客に向けて、市消防クラブなどが街頭火災予防啓発を実施する。

 問合せは同署【電話】0463・21・3240へ。

暑中お見舞い申し上げます

奉仕の意志ある女性たちが活躍

国際ソロプチミスト平塚は来年40周年を迎えます。

https://www.townnews.co.jp/0605/2018/07/12/440092.html

レオスイミングスクール

夏の短期水泳教室開催!期間中に入会で受講料キャッシュバック+入会特典あり

http://www.leoswim.com/

平塚市商店街連合会

市内33商店街が団結し、消費活性の中核となって「明日の平塚」を拓いていきます

http://hiratsuka-shoren.com/

湘南スターモール商店街

七夕の街の商店街。毎月第3土曜「まちかどマルシェ」も開催中です。

http://shonan-starmall.com/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク