平塚版 掲載号:2015年7月30日号
  • googleplus
  • LINE

ネーミングライツ 漁港など希望価格を提示 平塚市 契約企業を再募集

社会

重点施設とされたサッカー場
重点施設とされたサッカー場
 歳入確保のために公共施設にネーミングライツを導入する取り組みについて、平塚市は「平塚漁港」「馬入・光と風の花づつみ」「馬入サッカー場」「湘南ひらつかパークゴルフ場」の4施設を「重点施設」と位置付け、市の希望価格を提示し、契約する企業を再募集する。落合克宏市長が23日の記者会見で発表した。

 市は昨年、一部を除く市有施設について、企業側が愛称をつけたい施設を選び、金額などの契約条件とあわせて応募してもらう「提案型ネーミングライツ」を導入。市内約30社を訪問、230社に資料送付するなど、募集開始した。

 しかし、対象施設のリストや愛称をつけるメリット、料金の目安などを明確に示さなかったため、応募企業はゼロ。市担当課は「金額の目安や施設を特定しなかったため、興味が持ちづらかったのでは」と説明する。

 市は、利用者数やイベント開催実績、メディアへの露出度を踏まえて有力な重点施設を選定、希望価格を提示することで、企業からの応募を促進したい構え。

 各施設の希望価格は年額で▽平塚漁港50万円▽馬入・光と風の花づつみ80万円▽馬入サッカー場200万円▽湘南ひらつかパークゴルフ場80万円。

 提示した価格はひとつの目安とし、市は「ボランティア清掃ですとか、企業の特性をいかした提案があれば、希望価格より低くても、導入される可能性はある」とし、広く応募を待ちたいとしている。

 市は現在、Shonan BMWスタジアム平塚(契約金年額1500万円)▽ひらつかサン・ライフアリーナ(同305万円)▽バッティングパレス相石スタジアムひらつか(同306万円)▽湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonanzoen(同101万円)▽トッケイセキュリティ平塚総合体育館(同301万円)の5施設で契約を結んでいる。

平塚版のトップニュース最新6件

新駐日大使が来庁

リトアニア共和国

新駐日大使が来庁

2月15日号

小川一真の功績に光

湘南の美術を学ぶ会

小川一真の功績に光

2月15日号

鹿島孝二が描いた平塚

地元作家

鹿島孝二が描いた平塚

2月8日号

薬局で患者の声集積

地元薬剤師会

薬局で患者の声集積

2月8日号

新スタジアム議論に本腰

商議所

新スタジアム議論に本腰

2月1日号

悲願のベルト挑戦へ

プロボクサー斉藤正樹さん

悲願のベルト挑戦へ

2月1日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク