平塚版 掲載号:2015年11月26日号
  • googleplus
  • LINE

新庁舎 汚染土搬出で4400万円増額 工期遅れ、さらなる建設費拡大も

社会

 平塚市は18日の記者会見で、土壌から基準値を超える鉛が検出されたとして約4カ月間工事を中断していた新庁舎建設について、25日から工事を再開すると発表した。

 市の発表によると、現在進めている2期工事の計画地で、建設発生土を搬出するための地質分析試験の結果が7月下旬に報告され、鉛の基準値超過が判明。汚染土は健全土と分けて搬出する必要があるため、工事中断した。市は9月下旬に汚染範囲を確定、約1300立方メートルの土を汚染土として搬出するとし、これまで委託業者と追加費用などを協議していたという。

 汚染土の搬出・処理にかかる追加費用は約4400万円。ただ、2017年2月完成としていた全体工期は遅れる公算が高く、総工費もさらに膨らむ恐れがある。市担当者は「工期と予算について(委託している)JV側と協議を重ね、来年1月ないし2月には説明できればと考えている」とし、年明けに発表する構えだ。

 新庁舎の建設費を巡っては、市は当初100億円を想定して進めるとしていたが、立体駐車場の整備を計画に盛り込むなどとして、2010年12月議会で総額約111億6千万円の予算案が可決された。

 さらに、海軍火薬廠時代の構造物とみられる地中障害物の撤去や、汚染土の除去、賃金・資材価格の上昇などの影響で、3回にわたり補正予算を計上。総工費は約128億7千万円まで膨らんでいた。

 また、7月に工事中断してからの状況が今まで発表されていなかったことについて、落合克宏市長は会見で「早期に公表できなかったことにつきまして、ご心配をおかけしました皆様にお詫びしたい」と述べた。

平塚版のトップニュース最新6件

新駐日大使が来庁

リトアニア共和国

新駐日大使が来庁

2月15日号

小川一真の功績に光

湘南の美術を学ぶ会

小川一真の功績に光

2月15日号

鹿島孝二が描いた平塚

地元作家

鹿島孝二が描いた平塚

2月8日号

薬局で患者の声集積

地元薬剤師会

薬局で患者の声集積

2月8日号

新スタジアム議論に本腰

商議所

新スタジアム議論に本腰

2月1日号

悲願のベルト挑戦へ

プロボクサー斉藤正樹さん

悲願のベルト挑戦へ

2月1日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク