平塚版 掲載号:2015年11月26日号
  • googleplus
  • LINE

サッカーU-22日本代表 リオ目指し 馬入でキャンプ きょうベルマーレと練習試合

スポーツ

意気込を語る手倉森監督(中央)とU-22日本代表候補の選手
意気込を語る手倉森監督(中央)とU-22日本代表候補の選手
 リオデジャネイロ五輪のアジア最終予選に向けて、男子サッカーU-22日本代表候補が23日から平塚市でトレーニングキャンプを実施した。候補には湘南ベルマーレの遠藤航選手や神奈川大学卒業でヴァンフォーレ甲府に所属する伊藤純也選手も顔を揃え、精力的に汗を流している。

 24日には、選手らを激励しようと市が歓迎セレモニーを開き、馬入ふれあい公園サッカー場で落合克宏市長が平塚産米「はるみ」50kg、(株)サン・ライフの比企武社長がスポーツドリンクを贈呈した。来年1月にカタールで行われるアジア最終予選を控え、手倉森誠監督は「五輪出場の想いを平塚のお米にコメて頑張ります」とダジャレを交えて笑いを誘っていた。

 U-22日本代表は、キャンプ最終日の26日に湘南ベルマーレとShonanBMWスタジアム平塚でトレーニングマッチを実施する。当日はメインスタンドが開放され、入場無料で観戦できる。午後7時キックオフ(開場午後5時)。会場ではフードパークの出店や数量限定で遠藤航選手のグッズ販売も行われる。詳細は湘南ベルマーレ公式HPへ。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク