平塚版 掲載号:2016年2月18日号
  • googleplus
  • LINE

平塚市 予算案過去3番目の規模 一般会計822億5000万円

政治

 平塚市は10日、2016年度の一般会計当初予算案の概要を発表し、落合克宏市長が新規事業や重点施策について説明した。一般会計は、前年度14億円(1・7%)増の822億5000万円で過去3番目の予算規模となった。市長は予算案について、「選ばれるまち、住み続けるまちへの第一歩」と述べ、産業振興、子育て支援、高齢者施策の充実、安心安全のまちづくりに重点を置いた市政運営に取り組むとしている。

◇◇

 当初予算案には、ツインシティ関連費として昨年設立した土地区画整理組合への支援拡充や、大神地区の公共下水道整備などに合わせて約15億5633万円を計上した。

 子育て支援では、小学校全校の図書室や音楽室に空調設備を設置するとして、小学校施設管理事業費に約1795万円を計上。4月から小児医療費の無償化を小学校6年生から中学卒業まで拡大するため、約1億2448万円を盛り込んだ。

 検診チェックサイトを開設し、がんの早期発見と治療を促進する健康増進事業に38万5000円を計上。防災・防犯関連では浸水被害の軽減を図るため公共下水道整備事業に1億7000万円、防犯街路灯の一括LED化を推進するとして972万円を盛り込んだ。

 このほかの主な事業は、起業の際の借入金にかかる利子を市が全額負担する中小企業経営支援事業に14万8000円、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ誘致推進として242万円、老朽化した馬入サッカー場人工芝の張替に1億8810万円など。

 歳入の柱となる市税は、税制改正により前年度比8447万円(0・2%)減収の419億7798万円を見込む。市債は、ツインシティ整備推進事業や消防指令センター整備など建設債の増加に伴い、6億7720万円(13・4%)増額。歳出は人件費や扶助費といった義務的経費の割合が52・6%で、3年連続50%を上回った。

 予算案は2月18日から3月17日まで開会の市議会定例会で審議される。

平塚版のトップニュース最新6件

平塚が誇る46件認定

「やまと豚」 安全お墨付き

(株)フリーデン

「やまと豚」 安全お墨付き

3月29日号

リオ五輪銅  高藤選手ら登場

ひらつか市民スポーツフェス

リオ五輪銅 高藤選手ら登場

3月22日号

南京錠かけて愛誓う

湘南平

南京錠かけて愛誓う

3月22日号

「逃げ地図」で津波避難を

「クレカ納税」スタート

平塚市

「クレカ納税」スタート

3月15日号

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク