平塚版 掲載号:2016年2月25日号
  • googleplus
  • LINE

作品鑑賞と対話で心育てる 25周年の市美術館が新教育事業

教育

作品の前で話し合う児童ら
作品の前で話し合う児童ら
 2016年度に開館25周年を迎える平塚市美術館では、美術鑑賞を通じて子供たちの発想力や思考力などを育てる「対話による美術鑑賞」事業を開始する。2月19日、同館に城島小学校の6年生児童37人を招いた鑑賞授業が行われた。

 「対話による美術鑑賞」は、作品について児童らが語り合う教育プログラム。自分の考えを言葉にし、互いの意見を共有することで感受性を高め、観察力や表現力、コミュニケーション能力などを磨くことなどが狙いだ。

 プログラムは作品の解釈や技法などを講師が解説するギャラリートークと異なり、児童らの考えを「引き出す」ことに重点が置かれている点が特徴。同館では、進行役を教員や美術の専門家ではなく、対話テクニックなどの訓練を積んだボランティアチーム「ひらビーあーつま〜れ」が行う。昨年秋に第1期募集を行い、選考と研修を経て16人が活動を開始した。

 草薙奈津子館長の就任を機に、同館は「開かれた美術館」を掲げ、切り口を工夫した展示や市民参加型のワークショップなどに約10年をかけ取り組んできた。「地域の方々の応援もあり、入館者数も回復を見せている」と同館。25周年の節目に、地域の生涯教育機関として「教育事業」の強化という新たなステップに踏み出す。

「美術館は第2の教室」

 来年度からの「対話による美術鑑賞」事業本格開始を前に、同館は2月19日、城島小学校の児童を招き初の対話鑑賞授業を行った。

 児童は事前に学校で、ボランティアスタッフらと同館に収蔵されている作品のカードなどを元に意見交換の練習を行った。

 美術館では、6人ほどのグループに分かれ現在開催中の「物語る絵」展を回り、実際の作品の前で、「鳥がいる」「赤と黒が多くて怖い感じがする」など、作品から感じた印象や気付いたことなどを話し合った。

 同館は「美術館は第2の教室。実物の作品を見て、周りと意見を共有する中で、子どもたちの心が育ってくれれば」と話した。

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク