平塚版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

平塚市 市民後見人が選任 養成事業実る

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena

 認知症などの理由で、十分な判断能力がない人の財産管理を担う成年後見制度

について、市は24日、「市民後見人」として市内在住の3人が横浜家庭裁判所小田原支部に選任されたと発表した。市は2012年度から、県と協働で市民後見人養成事業を進めてきた。市民後見人が受任された自治体は、横浜市、川崎市、横須賀市に続き4例目。湘南では初。

 選任されたのは70代・60代の男性と、50代の女性。市社会福祉協議会との複数後見の体制を取ることで、被後見人を支援する。50代の女性は「被後見人の方が穏やかな生活が送れるよう、市社協と共に考えて活動していきたい」とコメントしている。

 落合克宏市長は「身近な形で、市民の方に支援してもらえることは大変意義がある」と期待し、「これからも市民後見人を育て、被後見人の方に寄り添った体制にしていきたい」と話した。

 市は、これまでに市民後見人の養成講座を4年続けて実施している。講座修了者は34人となった。

平塚版のローカルニュース最新6

バイク運転に注意

バイク運転に注意 社会

競輪場で安全啓発

7月2日号

今夏は利用者限定で営業

大磯ロングビーチ

今夏は利用者限定で営業 社会

7月2日号

日本三大七夕まつりの仲間仙台・一宮からエールが届きました

次亜塩素酸水を配布

次亜塩素酸水を配布 経済

ガイソー平塚店

7月2日号

元五輪選手が監修

元五輪選手が監修 スポーツ

市、スルガ銀と自転車振興

7月2日号

七夕と歩んだ70年

戦後復興から現在へ

七夕と歩んだ70年 文化

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク