平塚版 掲載号:2016年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

地場産生花で会場彩る 花菜ガーデンでフラワーシティ

文化

二宮さんとクローバーをかたどったボード
二宮さんとクローバーをかたどったボード
 市内の花き農家が育てた生花が一堂に集う「湘南ひらつかフラワーシティ」が19日〜22日の4日間、花菜ガーデン(寺田縄496の1)で開催された。平塚の特産品にも選ばれているバラ、切花や鉢花などおよそ100種類以上の生花が会場に彩りを添えた。

 フラワーシティには、平塚市園芸協会花き部会に所属する49人の農家が参加し、平塚産生花のPRや即売を行った。同ガーデンでローズフェスティバルが開催されていたこともあり、初日はおよそ2000人(主催者発表)の来場者が訪れたという。来場者らは地場産のバラを使ったフラワーアレンジメント体験などを楽しんでいた。「”花育”を通して、若い人たちに花の魅力を知ってもらえれば」と同会花き部会長の二宮光正さん(59)は話す。

 ウェルカムボードに使用されたベゴニアやマリーゴールドなど、5種類324株の生花は、養護施設に寄贈される予定。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

定期演奏会を開催

平塚ウィンドオーケストラ

定期演奏会を開催

6月23日~6月23日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月7日号

お問い合わせ

外部リンク