平塚版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

(PR)

7月から新体制の呼吸器内科 医療レポート 咳(せき)や息苦しさ放置しないで 取材協力/伊勢原協同病院

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena
加志崎史大医師
加志崎史大医師

 高齢化が進み、増加し続けているという呼吸器疾患。厚生労働省が発表する死因トップ10(2014年)にも呼吸器疾患が3件、1位のがん等の内訳でも男性1位・女性2位が「肺がん」となる。地域の中核病院として、7月から呼吸器内科を設けた伊勢原協同病院(井上元保病院長)で呼吸器内科診療副部長の加志崎史大医師に話を聞いた(※診療は月・金曜午前のみ)。

 「呼吸器は感染頻度の高い器官です。高齢化により誤嚥(ごえん)も増え、肺炎や肺気腫などになるリスクも今後増えていくと思われます」と加志崎医師。呼吸器内科では、肺炎などの呼吸器感染症をはじめ、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患、肺腫瘍、睡眠時無呼吸症候群などに対応する。また、呼吸器疾患の多くは咳などの自覚症状があることから、不安に感じることが多いという。「女性や高齢の方は、咳が残る場合もあります。息苦しさや血痰などが長く続く場合はご相談ください。診察で安心することもあります」と話す。

 日々進歩する医療技術、ここ数年で呼吸器の分野でも新たな治療法が生まれている。その一つで、2015年に保険適用を受けた気管支サーモプラスティ治療は、気管支喘息に対して、内科と外科治療を組み合わせることで、以前より生活の質を上げることが出来るようになったという。同院でも治療が出来るように準備が進められている。

 「呼吸器疾患の予防で一番に挙げられるのは禁煙です。喫煙はさまざまな感染リスクの上昇に関わります。禁煙は自身の行動でリスクを下げることができます」と加志崎医師は話した。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

平塚版のピックアップ(PR)最新6

おススメの床暖房は

「おせっかいアドバイス」シリーズ リョウシンリフォーム

おススメの床暖房は

12月9日号

”聞こえ”無料相談会

パナソニックの補聴器専門員

”聞こえ”無料相談会

12月18日(土) ラスカ6階で開催

12月9日号

タンスの肥やし現金に

タンスの肥やし現金に

大黒屋平塚北口店

12月9日号

不動産相続の「困った」神奈中のSOS相談へ

ルイヴィトンバッグ強化中

大掃除で出てきた物は買取店わかばへ

ルイヴィトンバッグ強化中

12月16日(木)まで5千円以上で必ず買取

12月2日号

安心納得の査定を約束

安心納得の査定を約束

おたからや西八幡店

12月2日号

創業1951年、老舗のお餅

お雑煮や鍋の具に、さっと焼いて好みの味で。オンライン販売あり。

https://www.navida.ne.jp/snavi/100577_1.html

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook