平塚版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

平商生徒が「マルシェ」を開催 商店に協力呼び、生徒考案の商品販売も

社会

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena
出店レイアウトを考える加藤さん(左)ら
出店レイアウトを考える加藤さん(左)ら

 平塚商業高校の3年生8人が8月21日(日)、地元商店が出店する朝市「第1回平商マルシェ」を市内桜ヶ丘のシャンパン☆ベーカリーで開催する。生徒と商店が協力して考案した商品の販売も実施する。

 8人の生徒は、商業に関する課題研究のテーマを検討するにあたり、「若い世代と地域の距離が近づくきっかけになれば」との思いからマルシェ(市場)を企画した。地元の企業や商店と協力しながら商品を企画し、当日のイベント運営も行う。

 学生が出品するのは、八百屋とコラボレーションをしたかき氷の販売、パン屋と協力し、商品を立案した白玉入りあんパンの2品目。商店で実際に販売されている商品に、学生目線の付加価値を加えた。また、学生自らが協力団体に出店者の呼びかけを行い、ヘアゴムや粘土細工アクセサリーなどの雑貨、ジーンズやTシャツなどのファッション品、キッチンカーによる飲食販売など地元商店13店舗が出店する。

 「地域との接点がもっと増えればいいなと考えていた。昔から地域活性に興味があった」と語るのは、加藤美有さんだ。加藤さんはチラシの作成や、交流サイト「Facebook」上で告知を行うなど、広報に取り組んでいる。「近隣の平塚農業高校には平農マルシェがある。平商が再編統合された後でも、マルシェが発展してくれば嬉しい」と加藤さんは話す。

 学生らは「学校で学んだことを生かして、みなさんが楽しめるイベントにしたい」と話している。

 平商マルシェの開催時間は、午前10時〜午後2時。

 問い合わせは高久直輝さん【携帯電話】090・7564・2836。

平塚版のローカルニュース最新6

リトアニア知って

郵便局

リトアニア知って 文化

オリジナル切手で周知

4月8日号

アクアビクスに挑戦

アクアビクスに挑戦 社会

南部福祉会館でスタート

4月8日号

駄菓子店に子どもの声

駄菓子店に子どもの声 文化

「まめぶん」 10年ぶりに開店

4月8日号

「聖火リレーは一生の宝」

「聖火リレーは一生の宝」 スポーツ

元ランナーの新藤忠さん

4月8日号

市に無線LAN提供

湘南ケーブルネットワーク

市に無線LAN提供 社会

災害時に役立て

4月8日号

自閉症に理解を

自閉症に理解を 社会

各地で啓発の取り組み

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新 社会

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク