平塚版 掲載号:2016年9月1日号 エリアトップへ

クリマサリ 出荷はじまる 笹尾部会長「甘味あじわって」

文化

掲載号:2016年9月1日号

  • LINE
  • hatena
「目合わせ会」を行う関係者
「目合わせ会」を行う関係者

 市内大野地区で生産されているサツマイモ「クリマサリ」の出荷が8月29日、始まった。8月下旬から10月中旬まで続き、約15〜16tの出荷を見込んでいる。

 この日、JA湘南大野支所では朝から次々とクリマサリが運びこまれ、同地区の生産者とJA職員が集い、出荷規格を確認する「目合わせ会」が行われた。初日の出荷量は計2178kg。JA湘南の担当者は「今年度は豊作傾向なこともあり、例年どおりに出荷できた」と話す。

 8年前からクリマサリを生産し、JA湘南甘藷(かんしょ)部会長を務める笹尾廣巳さん(68)は「比較的雨が降ってくれたので、例年以上に良く育った」と出荷前のクリマサリを前に目を細めた。

 「栗より勝る」甘さから名付けられたクリマサリは、ほくほくの食感とほんのり甘い食味、くねくねと細長い形が特徴。近年では改良が加えられ、「濃いピンク色で、形もイモらしくしっかりしたものになっている」(笹尾さん)と品質も向上している。

 市内では1960年代から生産が始まり、現在は27戸の生産者が約2haの農地で栽培する。砂丘地帯であった大野地区は、水はけのよい砂地の土壌で栽培に適しており、品質の良いイモが育つという。

 また、収穫されたクリマサリの大半は形が不揃いで紅色が薄いことから、県外の製菓会社に加工用として供給されていた。市内の市場にほとんど出回らなかったことから「幻のイモ」という異名を持つ。

 出荷ピークを前に笹尾さんは、「素揚げや天ぷらにして、まろやかな甘味を味わってほしい」と話した。

 クリマサリは1袋あたり300円前後で購入可。市内スーパーのほか、JA湘南あさつゆ広場(寺田縄)などで販売している。

 問い合わせは、JA湘南あさつゆ広場【電話】0463・59・8304。

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

市内で進む「スマート農業」

市内で進む「スマート農業」 経済

県内初導入の技術続々

6月10日号

夢のホームコート完成

地元バスケチーム

夢のホームコート完成 スポーツ

市内岡崎に新拠点

6月10日号

集団接種を毎日実施へ

新型コロナワクチン

集団接種を毎日実施へ 社会

平日の市役所で調整

6月3日号

ラグビー部をクラブ化

平塚工科高

ラグビー部をクラブ化 スポーツ

全国初 外部生も加入可に

6月3日号

集団接種がスタート

新型コロナワクチン

集団接種がスタート 社会

市「個別接種も検討を」

5月27日号

加藤亜咲美さんが最高賞

宮松町在住

加藤亜咲美さんが最高賞 文化

県ピアノコンクールで

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新 文化

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter