平塚版 掲載号:2016年9月15日号 エリアトップへ

補正予算案 感震ブレーカー約1万世帯へ 職員給与1%削減で財源生む

政治

掲載号:2016年9月15日号

  • LINE
  • hatena

 今年4月に発生した熊本地震を受け、平塚市は現在会期中の市議会定例会に提出している一般会計補正予算案に、地震発生時の電気火災を防ぐための住宅用感震ブレーカーを配布するなどの災害対策費を計上している。職員給与を1%減額し、その財源を充てる。

 購入する感震ブレーカーは、概ね震度5以上の揺れを感知し、ブレーカーを自動的に遮断する装置。市担当者は「近年の大地震による火災の約6割が電気に起因している。地震で自宅から避難している間、通電が復旧して起こる火災が多く見受けられる」と話す。

 市は9月補正予算案に1631万円の購入費を計上し、消防車の進入できない道路狭あい地や住宅密集地など、約1万世帯に配布する見通しだ。ブレーカーの購入費を補助する自治体はあるが、無償で配布するケースは珍しいという。

 9月補正には、災害時避難者用の長期保存飲料水12万8千本や、テント付き簡易組立洋式トイレ、授乳や着替えの際に使用するプライベートルームといった備品購入費(460万円)をはじめ、倒壊家屋の下敷きになった人を救出する地中音響探知機の購入費(334万円)を計上した。

 市は職員給与を10月から半年間、1%減額する条例案を今議会に上程。約5600万円の削減効果を生み出し、一連の災害対策をはじめ、子育て基金の創設の財源に充てるとしている。

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

市内で進む「スマート農業」

市内で進む「スマート農業」 経済

県内初導入の技術続々

6月10日号

夢のホームコート完成

地元バスケチーム

夢のホームコート完成 スポーツ

市内岡崎に新拠点

6月10日号

集団接種を毎日実施へ

新型コロナワクチン

集団接種を毎日実施へ 社会

平日の市役所で調整

6月3日号

ラグビー部をクラブ化

平塚工科高

ラグビー部をクラブ化 スポーツ

全国初 外部生も加入可に

6月3日号

集団接種がスタート

新型コロナワクチン

集団接種がスタート 社会

市「個別接種も検討を」

5月27日号

加藤亜咲美さんが最高賞

宮松町在住

加藤亜咲美さんが最高賞 文化

県ピアノコンクールで

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新 文化

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter