平塚版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

「秋の味覚」丸々と 市内産の柿 出荷ピーク

文化

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
大きく育った「富有」を手にする山口さん
大きく育った「富有」を手にする山口さん

 市内産の柿が出荷ピークを迎え、太陽の光に輝くだいだい色が、たわわに実を付けている。

 市内の山口柿園(四之宮4の16の18)では、750平方メートルの園内にブランド柿「松本早生」や「富有」を生産。栽培時には枝に大きな実をつけるよう、早期から果実の摘み取りを行う。一枝に果実を一つずつ残すことで、栄養を集中させる手法をとってきた。同園代表の山口泰三さん(68)は「例年通り良く育ちました。9月は雨が多かったこともあり、特に大きな実をつけている」と豊作に笑顔を見せる。

 湘南農業協同組合(JA湘南)によると、市内の同組合落葉果樹部会には26の柿農家が所属。山口柿園は今年、農園の管理や実の成長などを競う市の品評会で優等賞を獲得している。

 山口さんは柿を手に、「みずみずしく、甘く育った秋の味覚を楽しんで」と話していた。

 同園の柿は、庭先の直売所か宅配のみ販売で、1kg450円〜。市内産の柿はJA湘南あさつゆ広場(寺田縄)でも購入できる。問い合わせは、市農水産課【電話】0463・35・8103。

平塚版のローカルニュース最新6

「エア七夕」に参加しよう

「エア七夕」に参加しよう 文化

作文や俳句など募集

5月28日号

横断幕で児童にエール

横断幕で児童にエール 教育

城島小教諭らが企画

5月28日号

献血で医療支えよう

献血で医療支えよう 社会

平塚JCが支援事業

5月28日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月28日号

100年前も「人ごみ避けよ」

100年前も「人ごみ避けよ」 社会

寒川文書館所蔵のチラシ

5月28日号

コロナ感染市内32人に

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク