平塚版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

プロ野球のドラフト会議で中日ドラゴンズから6位指名された 丸山 泰資さん 東海大学文学部4年 21歳

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena

ウイニングボール贈りたい

 ○…打者27人に一度もベースを踏ませなかった。3年春の日体大戦。三振8個に凡打の山、無安打・無四死球の完全試合を達成した。プロを本気で考え始めたのはその直後。「華やかなマウンドで投げてみたい」と両親に告げた。151キロの直球に変化球を織り交ぜる。「力で押すのではなく、頭を使って裏をかく投球」を目指してきた。完全試合で湧き上がった自信は、ドラフト指名によって「確信」へ一歩近づいた。

 ○…群馬県館林に生まれた。パイロットの父は転勤が多く、小学校は相模原、長野県松本、愛知県常滑と3校を渡り歩いた。1年生で始めた野球から離れることはなく、各チームで内野手としてプレー。中学生になると愛知知多ボーイズで投手に転向した。一時、投球に支障をきたす運動障害「イップス」に悩まされたこともあったが、休みなく続けた反復練習でこれを克服。卒業後は愛知の強豪、東邦高校に進学した。

 ○…高校入学時はサイドスロー。球質に欠け2年秋までは4番手投手だった。「オーバースローに戻して誰よりも練習しないと先はない、と感じました」。不可能とも思えた”矯正”に耐え、最後の夏は「1」を背負った。2012年の県大会決勝、甲子園をかけた愛工大名電戦で相手エースと11回を投げ合うも、自身のワイルドピッチにより惜敗。あの時の悔しさは胸に残り「試合の映像は今でも観られません」と明かす。

 ○…「甲子園には出たことがない。センスがあるわけでもない」。そう言って大学で誰よりも腕を振り続けた。努力も才能ならば、まさしく才能の塊だろう。趣味を尋ねると「そうですね、キャッチボールだと思います」。実直な人柄に野球愛がにじむ。来年3月には市内土屋の野球部寮を巣立ち、中日ドラゴンズの春季キャンプに参加する。目標は「入団一年目で初勝利」。ドラフト指名を誰より喜んでくれた両親に、ウイニングボールを贈る。

平塚版の人物風土記最新6

浦瀬 浩一さん

4月17日付で大神工業会の第9代会長に就任した

浦瀬 浩一さん

(株)神奈川環境クリエイト代表 54歳

5月21日号

向田 朋之(むかいだ ともゆき)さん

企業向け感染症コンサルタント「感染症ドットコム」を運営する

向田 朋之(むかいだ ともゆき)さん

纒在住 40歳

5月14日号

相馬 純さん

市内の保育園などにマスクを寄贈した「相馬工業」代表取締役を務める

相馬 純さん

纒出身 39歳

5月8日号

八木 賢一さん

「平塚まちなか活性化隊」メンバーで「平塚お弁当まっぷ」を立ち上げた

八木 賢一さん

明石町在住 38歳

4月30日号

栗山 雄揮さん

平塚市博物館の館長に就任した

栗山 雄揮さん

二宮町在住 59歳

4月23日号

若狹 裕樹さん

平塚商工会議所青年部(平塚YEG)第30代会長に就任した

若狹 裕樹さん

北金目在住 41歳

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク