平塚版 掲載号:2016年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

いのちの授業感動作文大会 旭陵中星野さんが大賞 「素直な気持ちが評価され嬉しい」

教育

 第4回「いのちの授業」感動作文大会(主催/県教育委員会)で旭陵中1年の星野章太さん(13)=写真=が、応募総数5265点の中から大賞を受賞した。

 いのちの授業は、学校の授業や行事などで「他人への思いやり」や「いのちの大切さ」を学び合う取り組み。昨年度は県内の幼保小中高校で8万130の授業が実施された。

 高齢者の抱える生活の不自由を授業で疑似体験した星野さんは「装着品の重りを外すと体は軽くなったが、心が重くなった」、高齢者に代わって「自分はこれからがんばらなければならない者。相手の立場になり、考えて行動できる人になりたい」と作文に綴った。

 大賞受賞に星野さんは、「自分の素直な気持ちで書いた文章が評価してもらえて嬉しい」と朗らかな笑顔を浮かべていた。

 このほか平塚市からは、土沢中の佐藤七海さんも神奈川県PTA協議会会長賞を受賞している。

平塚版のトップニュース最新6件

高校生 まちづくりへ提言

「もっと自由に働こう」

平塚市出身高田ゲンキさん

「もっと自由に働こう」

8月16日号

「郷(さと)の香(か)」シーズン到来

県団体戦 男女とも2連覇

金目中柔道部

県団体戦 男女とも2連覇

8月9日号

全米野球大会で優勝

金目中学向川さん

全米野球大会で優勝

8月2日号

普通教室でエアコン稼働

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク