平塚版 掲載号:2016年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

指の曲げ伸ばしが気になる方へ 医療レポート 手の痛み・腱鞘炎(けんしょうえん)の治療 取材協力/伊勢原協同病院

齋藤育雄医師
齋藤育雄医師
 パソコンやスマホの普及に伴い、手首や指の痛みを抱える人が増えているという現代。伊勢原協同病院(井上元保病院長)の第二整形外科診療部長である齋藤育雄医師に話を伺った。

 「指の曲げ伸ばしの障害とされる病気のひとつに腱鞘炎(けんしょうえん)があります」と齋藤医師。手が痛むと『腱鞘炎だよ』という言葉を良く聞くが、医学的には手足を含め、文字通り腱鞘が存在する場所でのみ生じる障害だという。手で多いのは、通称『ばね指』と呼ばれる、手のひらの指の付け根部分にある腱鞘が炎症を起こし、指を伸ばそうとすると引っかかりが生じるもの。治療については「まずは安静や外用薬などで治療します。ひっかかりが強い場合にはステロイド注射を行い、それでも改善しないときには腱鞘を切開する手術となります」と話す。手術は局所麻酔で10分程だという。

 「また、似たような病気に、デュピュイトラン拘縮(こうしゅく)があります。なじみのない病気だと思いますが、150年以上前から知られています。原因はいまだ不明で、手のひらにしこり状のものが出来て、徐々に指が曲がってきます。小指、薬指に多く痛みが無いのが特徴で、かなり進行してから受診される方もいます」。進行例の治療は手術のみだったが、最近は注射による治療法が開発された。「特殊な注射のため治療できる医師や医療機関は少ないが、当院では腱鞘炎手術もデュピュイトラン拘縮の注射療法にも対応。このほか、手の痛みを伴う症状の治療を行っていますので、気になることがある際には、一度受診することをお勧めいたします」と齋藤医師は話した。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

懐かしき学び舎は

福祉車両の購入を助成

神福協

福祉車両の購入を助成

8月16日号

不登校生 全日制普通高へ進学

T&M講座 第27講

不登校生 全日制普通高へ進学

8月9日号

「大丈夫?我が家の相続」

なんでも聞ける相続入門の入門 地域貢献無料セミナー

「大丈夫?我が家の相続」

8月9日号

家具選びはここから

お気に入りがきっと見つかる

家具選びはここから

8月9日号

車検は自宅に無料出張

ソータス(株)

車検は自宅に無料出張

8月9日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク