平塚版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

インフルエンザ 平塚は今週にも流行か 学級閉鎖が急増中

社会

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県は先月25日、11月14日から同20日までのインフルエンザの定点患者数が1・31となり、流行開始の目安となる1を超えたと発表した。前週の0・54から急増した形で、昨年より1カ月ほど早い流行開始となった。

 県内346カ所の医療機関が定点に指定され、定点患者数が週ごとに公表されている。県衛生研究所(茅ヶ崎市)によると、5日午前10時の平塚保健所管内(平塚・大磯・二宮)の定点患者数は0・55で、流行開始の基準を下回っている。

 一方で秦野、厚木、小田原など隣接自治体では基準値を超えていることから、同研究所は「平塚市も今週末には流行開始となるのでは」と予測している。

 市教育総務課によると、平塚市内では、10月27日から12月5日までに延べ9小学校で学級閉鎖が起きている。いずれもインフルエンザが原因ではないというが、昨年同時期(0件)と比べて急増していることから、マスクの着用や手洗いなどの感染予防や健康管理を呼びかけている。

 昨年度、インフルエンザが原因と思われる学級閉鎖は、市立幼稚園と小中学校で152件(153件中)。

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook