平塚版 掲載号:2016年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

平塚市 魅力写した50点を展示中 「シティプロモーション」の一環で

政治

「どれも個性あふれる作品ばかりです」と市職員
「どれも個性あふれる作品ばかりです」と市職員
 スマートフォンむけ写真共有サービス「インスタグラム」に投稿された平塚の魅力を伝える写真の展示会が、16日正午まで市役所1階で開かれている。

 展示会は、地域の魅力を広くPRする「シティプロモーション」に取り組む市がその一環で企画したもの。平塚で撮影された写真を「#hiratsukagood」という検索ワード(ハッシュタグ)付きで投稿してもらう初の試みで、今年7月に始まった。市担当者によると、12日までに3831点の投稿があった。

 市が「手をつなぎたくなる街」と題してシティプロモーションを進めていることから「家族・友人・恋人」をテーマにした50点を展示。投稿者名、撮影場所、コメントも添えられ、訪れた市民を楽しませている。

 落合克宏市長は2期目の公約にシティプロモーションを掲げて当選。昨年度、プロモーション担当が秘書広報課に置かれ、今年度は約1600万円の予算が計上されている。

 市は投稿された写真を使った動画を品川駅や東京駅で流すなど、あの手この手で市外から誘客を図りたい考え。来年2月には動画サイト「ユーチューブ」にプロモーションムービーを投稿する計画もあるという。

 市担当者は「来年も展示会を開き、魅力発信の機運を高めたい」と話している。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク