平塚版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

紙面で振り返る2016年

文化

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena

 タウンニュース平塚編集室は12月22日号をもって2016年の発行を終了します。今年1年間に発行したバックナンバーをめくりながら、印象に残ったニュースや話題になった出来ごとをまとめました。

東京五輪ホストタウンに登録1月28日号

 2020年東京五輪・パラリンピック競技大会に参加する国や地域との人的、経済的、文化的な交流事業を国が支援する「ホストタウン」に、リトアニア共和国の事前キャンプ誘致に取り組んでいた平塚市が選定された。同国オリンピック委員会財務担当局長らが市内スポーツ施設の視察に訪れ、10月に事前キャンプを実施する協定が正式に締結された。

市役所新庁舎10カ月工期延長1月28日号

 新庁舎2期工事について、市は地中障害物の撤去や汚染土の搬出などを理由に、約10カ月の工期延長を決定。汚染土の処分にかかる費用などで、総事業費は2億円程度膨らむ見通しを発表した。完成は2017年12月28日を予定。

市重文指定新たに2件を登録2月11日号

 平塚市教育委員会が相模国府と推定される山王A遺跡(四之宮)の発掘調査で出土した「佐波理匙」と、江戸末期の絵師、東川斎桂山筆の掛軸「不動明王二童子像」の2件を市の指定重要文化財に指定。これにより指定重要文化財は45件になった。

市民病院新館が完成3月24日号

 2013年7月に着工した市民病院の新館が3月18日に竣工した。23の診療科目を備え、一般外来のほかICU(集中治療室)、救命センターなど急性期医療にも力を入れ、5月6日から外来診療を開始。86億1500万円の事業費を費やした。

土屋公民館「囲碁のまち」PR3月31日号

 匿名の囲碁愛好家が寄贈した御影石で造られた碁盤の記念碑と台座、対局用の椅子が土屋公民館に設置された。土屋地区には「碁打谷(ごうちやと)」の地名や「碁打橋」と呼ばれる橋があり、市内でもとくに囲碁と縁深い場所として同地区が選ばれた。

七夕まつり織り姫決まる4月7日号

 湘南ひらつか七夕まつりの織り姫に市内在住の大学生、村田百佳さんが就任。平塚で生まれ育った村田さんは「いつか織り姫になりたいと憧れていた」と就任を喜んだ。このほか二宮町在住で会社員の露木美穂さんと、横浜市在住で2015年にベルマーレクイーンを務めた小嶋栞さんが就任した。

熊本地震支援の輪 広がる4月21日・5月12日号

 熊本地震で東海大学阿蘇キャンパス(南阿蘇村)が被災したことを受け、市が同大学に支援を申し入れた。市役所や市民病院には募金箱が設置されたほか、市内外の飲食店経営者と産業能率大学が湘南ベルマーレのホームゲームで「湘南コラボ弁当」を販売、売上金の一部を義援金に充てるなど、支援の輪が広がった。

県政森氏 議長に就任5月19日号

 平塚市選出の自民党県議、森正明氏が神奈川県議会議長に就任。本紙取材に対し「財源や議会の時間が限られる中、優先順位をつけて議論することが必要。円滑な議会運営に取り組みたい」と述べた。平塚市からの議長就任は古家安治氏以来、32年ぶり。

リオ五輪穂積選手の出場決定7月7日号

 市内在住のプロテニスプレーヤー、穂積絵莉選手のリオデジャネイロ五輪出場が国際テニス連盟から発表された。穂積さんは、土居美咲選手(ミキハウス所属)と組んでダブルスに出場。初戦を勝ち上がり、2回戦で対戦したロシア代表に惜敗した。穂積選手は12月に開かれた報告会で「トップクラスの選手に尻込みせずに、力を出せたことは自信になった」と振り返った。

囲碁・野球・ソーラーカー平塚旋風起こる7月28日・8月18日号

 小中学生の囲碁全国大会「文部科学大臣杯」の団体戦に平塚中等教育学校、浜岳中学校、神明中学校が出場。3校揃った全国大会出場は3年ぶり3回目の快挙。平塚江南高校が第98回全国高校野球選手権神奈川大会で、シード校を退けた勢いそのままに勝ち上がり、創部以来初の16強入りを果たした。鈴鹿サーキットで開かれたソーラーカーレースに出場した平塚工科高校の社会部は、社会人や大学生が出場するクラスで6連覇を達成。連覇のバトンを来年へ繋げた。

日産車体工場跡地ららぽーと開業10月6日号

 市内天沼の日産車体工場跡地で建設が進められていた大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚」が10月6日に開業した。地上3階、敷地面積約8万1300平方メートルの施設に、ファッションや飲食店など247店舗が出店。オープン当日は、開店前から2千人を超える人が列を作って賑わった。県内のららぽーと出店は横浜市、海老名市に続いて3例目。

ベルマーレ3季ぶりJ2降格10月27日号

 湘南ベルマーレが、J1セカンドステージ第15節で大宮アルディージャに敗れ、3季ぶりのJ2降格が決定した。主力選手の相次ぐ移籍で、今シーズンは開幕から苦戦が続いた。去就が注目された曺貴裁監督はシーズン終了後の11月21日、来季の続投を表明。「謙虚にひたむきに勝利を目指す」と語った。

平塚農業・商業高校再編・統合1年延期11月10日号

 県立高校改革実施計画で予定されていた平塚農業高校と平塚商業高校の再編・統合が1年延期された。新校舎が建設される農業高の敷地内で3〜16世紀の土器や遺構が出土。県は埋蔵文化財が密集していると判断、調査のため開校延期を決定した。新校(校名未定)の開校は2020年4月になった。

平塚商工会議所新会頭に常盤氏11月10日号

 会頭を3期9年務めた福澤正人氏の任期満了に伴い、平塚商工会議所は臨時議員総会を開き、学生服販売のトキワヤ社長、常盤卓嗣氏を新会頭に選任した。本紙の取材に対し常盤氏は「サッカースタジアムの整備や駅前中心街の再開発など検討する委員会を立ち上げ、行政に提言していきたい」と抱負を述べた。

見附台周辺整備市民センター解体へ12月1日号

 市が2012年に策定した見附台周辺の整備方針の見直し案を公表。建設予定の新文化センター(仮称)は規模を縮小、商業施設を誘致して公的負担の軽減策を盛り込んだ。一方、国の定める耐震基準を下回るとして地震による倒壊を指摘された市民センターは、5億円にのぼる多額な改修費用がネックとなり、解体の方針が示された。
 

佐波理匙(平塚市提供)
佐波理匙(平塚市提供)

平塚版のローカルニュース最新6

「春分」で農業始め

キリストの復活祝う

キリストの復活祝う 文化

平塚教会で「イースター」

3月26日号

コロナ対応、市長に要望

おもてなし準備着々

リトアニア交流実行委

おもてなし準備着々 政治

ボランティア衣装など

3月26日号

635人が人事異動

平塚市職員

635人が人事異動 社会

学校安全担当を新設学校安全担当を新設

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク