平塚版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

手作りの伝統残したい しめ縄準備ピーク迎える

文化

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
わらを素手で編む様子=八坂神社で15日
わらを素手で編む様子=八坂神社で15日

 師走も後半に入り、市内各地ではしめ縄作りがピークを迎えている。時代の変化にともない既製品を飾る神社も増えているなか、本紙では昔ながらの方法で手作りを続けている八坂神社(田村)と平塚八幡宮の関係者に思いを聞いた。

 八坂神社の社務所では15日、宮総代や大世話人10人が集まって、わらの香りが立ち込める一室で両素手をこするように編んでいった。青々としたわらは、神社の結界をつくるしめ縄に最適とされる。そこで八坂神社では春に田植えをしたもち米を8月に青田刈りしてこの日に備えた。

 「昔、父からコツを教わってね。編み方は身体で覚えていますよ」と話すのは神社総代の福島昌保さん(75)=写真右=。福島さんは、まだ不慣れな参加者に手本を示しながら細かい指示を出していた。

 神田公民館の館長も務める福島さんは、23日に同館で「しめ縄飾り教室」を開く。「手作りの伝統を受け継いでもらいたい」からと、教室には子供を積極的に招いている。「しめ縄の伝統は地域をつなぐものだから、なくならないでほしいです」と願ってやまない。

 平塚八幡宮のしめ縄作りは10日に境内で行われた。八幡・馬入・新宿の各地区から総代や世話人が参加したほか、江戸期に分祀されたとされる八幡宮(茅ヶ崎市平太夫新田)、平塚八幡宮の神輿会が親交のある諏訪神社(南原)の関係者など、各地からおよそ30人が集まった。

 「しめ縄を取り巻く環境も変わりました」と総代の曽根田昇一郎さん(75)。数年前まで古いしめ縄は年明けのどんど焼きに使ってきたが「火を使うと苦情もあり、境内のイチョウの木に巻くようになった」と経緯を説明する。わらを巻くと防虫の効果があるという。

 「毎年たくさんの人が集まって、手で思いを込めるしめ縄は良いものですね」と語った曽根田さん。「なくならないでほしいです」と思いを語っている。

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

ボランティアへ感謝状

東京五輪

ボランティアへ感謝状 文化

リトアニア大使が来平

9月23日号

認知症患者に働く場を

認知症患者に働く場を 社会

市内法人が機会創出

9月23日号

延期か中止の危機

市立中学修学旅行

延期か中止の危機 教育

昨年に続きコロナ禍で

9月16日号

市も塩害調査実施へ

龍城ケ丘プール跡地

市も塩害調査実施へ 政治

地元住民が検証結果提出

9月16日号

シイラで地域の魅力発信

平塚農商高

シイラで地域の魅力発信 経済

地元飲食店と商品開発

9月9日号

妊婦の「声」に耳傾け支援

妊婦の「声」に耳傾け支援 コミュニティ社会

運営資金をクラファン

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook