平塚版 掲載号:2017年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

平塚ボーイズ 打撃でつないだ全国切符 29年ぶり6度目

スポーツ

落合市長(2段目左端)と平塚ボーイズのメンバー
落合市長(2段目左端)と平塚ボーイズのメンバー
 第47回日本少年野球春季全国大会中学生の部に出場する平塚ボーイズが先月26日、落合克宏市長を訪問し、報告会を行った。同大会に出場するのは、29年ぶり6度目。

 平塚ボーイズは、安打をつなぐチームバッティングを武器に、31チームがしのぎを削った神奈川県予選を戦った。全国への切符がかかった準決勝では、藤沢市の強豪チームと総力戦。延長にもつれ込み、相手チームを満塁に追い込むと、デッドボールの押し出しで得点、6対5で勝利を掴んだ。

 主将の白井敬梧選手は、全国39支部48チームが出場する全国大会に向けて「打撃に加えて守備も鍛え、上に上に勝ち進み、優勝を手にしたい」と決意していた。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小酒井さん作品ずらり

小酒井さん作品ずらり

元麻布ギャラリーで

1月11日~1月17日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク