平塚版 掲載号:2017年1月5日号 エリアトップへ

収穫本番 平塚イチゴ 摘み取り体験は1月初旬から

社会

掲載号:2017年1月5日号

  • LINE
  • hatena
赤く色付いたイチゴを手にする杉山さん
赤く色付いたイチゴを手にする杉山さん

 県内有数のイチゴ生産地である平塚市。1月から始まるイチゴ狩りシーズンに合わせ、市内農園ではさまざまな品種のイチゴが丸々と実り始めている。

 JA湘南によると、市内では11軒の農家がイチゴの摘み取り体験を実施。市内外から訪れる来園者も多く、JA湘南あさつゆ広場(寺田縄)などで直売される新鮮なイチゴも人気だ。

 小鍋島の「すぎやまいちご園」では、9日の開園に向け、赤く色づき始めた冬の果実の手入れ作業が進んでいる。同園代表の杉山圭一さん(56)は「9月の長雨などの影響で1週間ほど生育が遅れているが、2月のピーク時には甘くて美味しいイチゴをお届けできそう」と笑顔を見せる。

 2400平方メートルの敷地内にあるビニールハウス3棟では9品種を栽培。摘み取り体験では、とちおとめやレッドパール、紅ほっぺ、おいCベリーなどを食べ比べできる。今年から収穫を始めたという、ジューシーでフルーティな味わいが特徴の「あまおとめ」は、杉山さんも期待の新品種だ。

 同園では育苗段階から減農薬栽培を奨励するほか、収穫ピークに合わせて株を強く育ててきた。実となる花を冬眠させないよう、ビニールハウス内に寒暖差をつけて育成。越冬前に株を強くさせることで、形もよく甘味が強いイチゴが育つ。

 杉山さんは「今年は実が小粒だが、味は例年通り良くできた。地場産の美味しいイチゴを味わってほしい」と話していた。

 同園は5月中旬まで営業。時間は午前10時〜午後3時30分。要予約で、時期によって利用料金が異なる。

 問い合わせは、同園【電話】0463・55・0265。

平塚版のトップニュース最新6

延期か中止の危機

市立中学修学旅行

延期か中止の危機 教育

昨年に続きコロナ禍で

9月16日号

市も塩害調査実施へ

龍城ケ丘プール跡地

市も塩害調査実施へ 政治

地元住民が検証結果提出

9月16日号

シイラで地域の魅力発信

平塚農商高

シイラで地域の魅力発信 経済

地元飲食店と商品開発

9月9日号

妊婦の「声」に耳傾け支援

妊婦の「声」に耳傾け支援 社会

運営資金をクラファン

9月9日号

「きょうだい児」の居場所を

「きょうだい児」の居場所を 文化

支援の会「ワッフル」活動中

9月2日号

通学路安全対策に2800万円

通学路安全対策に2800万円 社会

平塚市の9月補正予算

9月2日号

相模水産有限会社

平塚市花水台36-5

0463-31-6266

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook