平塚版 掲載号:2017年1月19日号 エリアトップへ

「餅つき」で国際交流生む 留学生向けに東海大学生が企画

文化

掲載号:2017年1月19日号

  • LINE
  • hatena
学生たちの掛け声に合わせ餅をつくクラウディアさん
学生たちの掛け声に合わせ餅をつくクラウディアさん

 留学生たちに正月文化の体験と、日本人学生との交流をしてもらおうと12日、東海大学の学生プロジェクトTICCのメンバーらが「Mochi Making(餅つき)」を同大で開催した。

 昨年9月にドイツから留学中のクラウディアさん(25)は、餅つきが終わると息を切らし「体験してみたかったので夢が叶いましたが、とても疲れました」とぽつり。ドイツでも、アジア系の食品店に行けば餅は並んでいるが、日本のものとは味や食感がまるで違うという。「お醤油と大根もいいけど、きな粉をつけて食べるのが一番好き。いろんな味があって面白いです」と楽しんでいた。

 4回目となる今回の企画を担当したTICCの阿部響子さん(19)は、「今年はお正月行事に込められた意味にも興味を持ってもらえるようにしたかった」とパンフレットを製作し、来場者に配布。約80人の留学生らが参加する盛況ぶりに、「日本人の友達や思い出をたくさん作ってほしい」と笑顔を見せていた。

平塚版のローカルニュース最新6

「エア七夕」に参加しよう

「エア七夕」に参加しよう 文化

作文や俳句など募集

5月28日号

横断幕で児童にエール

横断幕で児童にエール 教育

城島小教諭らが企画

5月28日号

献血で医療支えよう

献血で医療支えよう 社会

平塚JCが支援事業

5月28日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月28日号

100年前も「人ごみ避けよ」

100年前も「人ごみ避けよ」 社会

寒川文書館所蔵のチラシ

5月28日号

コロナ感染市内32人に

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク