平塚版 掲載号:2017年7月20日号 エリアトップへ

(PR)

薄田社長の良心リフォーム塾〈第5回〉 フローリング工事の要点

掲載号:2017年7月20日号

  • LINE
  • hatena

 (有)リョウシンリフォームの薄田大輔社長によるリフォーム塾。今回はフローリングについて語ってもらう。

 ――フローリングの素材は何が使われていますか。

 「床材は現在、無垢材よりも合板材が主流です。合板は複数の板を接着剤で張り合わせた床材で、表面に木目印刷した化粧シートを張ったタイプと、天然木の薄板を重ねたタイプに分かれ、前者は経年でシートが剥げてしまう難点があります。各タイプはカタログに明記され、ワックス不用や水・シミ・凹みに強いなど床材の特性やグレードも確認できるので、業者に説明してもらうと良いでしょう。

 一方、無垢材は一枚板で丈夫ですが、反りが発生しやすい性質があります」

 ――施工は大掛かりなものになるのでしょうか。

 「古い床を剥いで新しく下地材や土台から交換すると高コストになるため、既存の床材の上に重ねて張る施工(上張り工法)が主流です。古い床が下地となり、耐久性も確保できます」

 ――注意点は何でしょう。

 「上張り工法のことも考慮すると、床は二度も三度もリフォームするのでなく、一生物のつもりで質の良い工事を心がけて欲しいです。当社は建材大手『ダイケン』のWPC加工板をお客様に推奨していますが、傷や汚れのつきにくい長く使える床材を選択してください。

 また、床材は壁際に沿って隙間なく切り張りする大工技術が必要で、大工さんの腕の良し悪しで仕上がりが左右されます。当社では3人のベテランの専属大工さんが施工しておりますが、良い職人さんを抱えているかというのも業者選びで注目して欲しいポイントです」

(有)リョウシンリフォーム

平塚市四之宮3-8-20

TEL:0120-6406-12

http://www.ryoushin-reform.com

平塚版のピックアップ(PR)最新6

マスク越しでも会話スッキリ

マスク越しでも会話スッキリ

「きこえ何でも相談」受付中(要予約)

4月8日号

納得の査定をお約束

新規オープン

納得の査定をお約束

おたからや西八幡店

4月8日号

「HACCP」対応 全面サポート

「HACCP」対応 全面サポート

(株)門倉組が専門ブランド設立

4月8日号

不動産、今が売り時

不動産、今が売り時

神奈川中央交通「不動産センター」に聞く

4月1日号

依然高値で取引中

依然高値で取引中

金売るなら駅北口の大黒屋

4月1日号

「ひらつか元気応援ポイント」

福祉活動で得たポイントを交付金や商品と交換

「ひらつか元気応援ポイント」

次回説明会は4月9日 参加者募集

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新 社会

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク