平塚版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

医療・介護の連携にむけ交流 保健師らと医師が意見交換

社会

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena
意見交換をしながら交流する参加者
意見交換をしながら交流する参加者

 高齢者の相談窓口として市内13カ所にある「市高齢者よろず相談センター」のスタッフとその活動を支援する医師の交流を目的とした合同研修会が19日、市保健センターで開かれた。

 同センターには保健師や看護師、社会福祉士らが常駐し、高齢者やその家族からの各種相談に応じるほか、介護保険の申請手続きを代行するなど多角的なサービスを提供している。

 一方、こうした取り組みを支援するのが地域包括サポート医と呼ばれる地元の医師で、専門性の高い相談事例などに対応している。

 この両者によるより良い高齢者支援を目指して実施されたのが今回の研修会。会場では、医療の現場に立つ医師と高齢者からのさまざまな声に日々対応している保健師らが11のテーブルに分かれ、およそ1時間にわたって意見交換した。

 研修会は、今年10月に平塚栗原ホーム内に設置予定の「平塚市在宅医療・介護連携支援センター」開設準備室が企画した。同センターは地域の医療・介護関係者をつなぐ相談窓口で、団塊世代が75歳を迎えるいわゆる「2025年問題」に対処するために設置される。

 病院で最期を迎えられる時代に変化が訪れようとするなか、開設準備室の担当者は「これからは医療と介護の連携が不可欠。今回の研修会が連携の後押しになれば」と話していた。

平塚版のローカルニュース最新6

今季最後の平塚シリーズ

今季最後の平塚シリーズ スポーツ

Bリーグ 横浜ビーコル

4月15日号

クーカ視点で日常彩る

クーカ視点で日常彩る 文化

23日まで展示

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 社会

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

三十三観音が一堂に

三十三観音が一堂に 文化

上吉沢 妙覚寺

4月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月15日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

4月21日 商工会議所内で

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter