平塚版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

ライオンファミリーグループ110周年 新春特別企画 理美容の道開き「愛され続ける会社目指す」 「鏡の中に笑顔が見える。」を合言葉に新たなスタート

 市内に本社を置く理美容グループ「ライオンファミリーグループ」(井出隆夫会長)が昨夏、110周年を迎えた。今では市内に留まらず、都内や海外にも店舗を展開し、平塚を代表する企業となった同グループの成功の秘訣を紐解く。

はじまりはまちの理容店

 グループのはじまりは1907年、井出隆夫会長の祖父にあたる定次郎さんが茅ヶ崎で開業した「井出理髪店」だ。その後父・茂雄さんが明石町に「井出理容館」、3代目となる隆夫会長が見附町に現在のライオン本店となる「フレッシュモアライオン」をオープンさせた。確かな技術で地域に愛されたが、隆夫会長が幼少期を過ごした古き良き「まちの理容店」は、時代のニーズとともに姿を消しつつある。

発展のヒントは耳傾けた顧客の声

 それでも同グループが発展をつづけたのは、「お客様の声に耳を傾ける」という理念があったから。「古くさい・かっこ悪い」というイメージは、洗練されたおしゃれな店舗づくりで払拭。スーツ姿のバーバースタッフのいるラグジュアリーな店舗を作ったり、肩肘はらずに通えるカジュアルさの深夜営業店を用意したりと、顧客の要望に細かく応えた。

 スタッフは女性のみの女性専用サロンでは、男性向けの顔そりで培われてきた技術に、美容パックなどの付加価値をつけた女性向けの「エステシェービング」を打ち出した。「帰りの心配をせず、ゆっくりしていってほしい」と、落ち着いて化粧直しができるメイクブースも設置し、エステシェービングなどの理容技術とまつ毛エクステ、ネイルなどの美容技術が同じ店舗で受けられる店となっている。110年間、地域や顧客と結んできた関係から「新しい理容の形」が生まれてきたのだ。

理容と美容の技術兼ね備え学べる

 そんなライオンファミリーグループの高い技術力を支えるのは同グループが運営する理美容技術の専門学校「湘南ビューティーカレッジ」だ。同校で取得できるのは美容師やバーバー、エステシェービング、アイリストの資格で、就職率は100パーセント。4月からは美容科も開校する。

3代目から4代目へ受け継がれたバトン

 昨夏に110周年を迎えたタイミングで、隆夫会長の長男の真太郎さんに社長のバトンが渡った。「愛され続ける会社」として、変わることなく顧客の声に耳を傾け、その声に応えられる道を切り開き、2018年も進化を続ける。

ライオンファミリーグループ

【事務所・トレーニングセンター】平塚市四之宮5-8-20

TEL:0463-53-1023

http://www.lion-gen.co.jp/

山協印刷 テクノフェアに出展

山協印刷は湘南クチコミナビ「湘南ナビ!」を応援しています。

http://www.shonan-navi.net

鈴木製餡所 テクノフェアに出展

10月20日(土)当店ブースで特選あんこ「湘南の夢®」(こし/小倉)など販売

http://suzukiseian.d.dooo.jp/

<PR>

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

不登校中に習得すべき3要素

T&M講座 第29講

不登校中に習得すべき3要素

10月11日号

月に一度の大注目

ダイハツ平塚桜ヶ丘

月に一度の大注目

10月11日号

食べて、動いて 未病改善!!

花菜ガーデン

食べて、動いて 未病改善!!

10月11日号

収益は災害義援金に

10月20日(株)甲斐組

収益は災害義援金に

10月11日号

お薬の悩み 無料相談

平塚中郡薬剤師会

お薬の悩み 無料相談

10月11日号

行楽前に「聞こえ」点検

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク