平塚版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

株式会社三興 事業継承の好事例 公共工事の施工技術リフォームへフル活用

▲吉川会長㊨は今でも野球シーズンが始まればノックバットを振るい、ゴルフも嗜む。日大高校野球部副主将だった裕之社長㊧も地元アスリート支援に熱心で、親子揃ってスポーツをこよなく愛する。今年も母校、青山学院の駅伝の応援に熱が入る
▲吉川会長㊨は今でも野球シーズンが始まればノックバットを振るい、ゴルフも嗜む。日大高校野球部副主将だった裕之社長㊧も地元アスリート支援に熱心で、親子揃ってスポーツをこよなく愛する。今年も母校、青山学院の駅伝の応援に熱が入る

 中小企業の経営課題である事業継承を見事にイノベーションに繋げている好事例の一つが市内で空調工事、建築・リフォーム業などを営む(株)三興だ。創業者の築いた経営基盤と二代目の溢れるアイデアが両輪となり、ぶれない推進力を生んでいる。

 同社は、吉川正行会長が1980年に創業。温室・園芸設備、業務用設備、住宅設備の「3本の矢」で事業を興そうというのが社名の由来だ。「当時は重油の質が今よりも悪く、農業用ボイラーの故障がよくあった。大事な作物が一晩でだめになるから修理はいつも待ったなし」。

 正行会長は枕元に電話を常に置き、今も電話が鳴れば深夜でも駆け付ける。他社にできない仕事をする。顧客を一番に考える。「義理と人情、信頼の積み重ねが会社を育てた」というのが会長の矜持だ。

 企業のビルや工場の大規模な設備工事から住宅改修まで順調に推移し、当時から公共事業にも参入。優良建設工事表彰を何度も受賞するなど高水準の施工技術を蓄積、それを支える職人ネットワークを一代で築いてきた。

 裕之社長は建築設備の総合商社を経て入社、主に建築・住宅リフォームを担当。自社の技術を最大限発揮するため、既成概念に捉われない工事で差別化を追求してきた。住宅設備展を見学するバスツアーなど、消費者目線の企画も次々と考案し、ファンを増やしている。

 正行会長は3年前に社長職を継承。今も現役を続けながら親子2枚看板で緩やかに確かな変革を遂げている。「末永く世に求められる企業になるため、創業精神は残しながら若い発想で時代の要請に応えていくことも大事だ」
 

(株)三興

平塚市平塚2-1-11

TEL:0463-35-3535

http://www.sanko-ltd.jp/

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

塗装の見積書、どこを見る

薄田社長のリョウシンリフォーム塾〈第14回〉

塗装の見積書、どこを見る

4月19日号

新入園児23人が晴れの日迎える

平塚二葉幼稚園

新入園児23人が晴れの日迎える

4月19日号

「スマホは頼れる友」

通学生と不登校生交流の相乗効果

T&M講座 第23講

通学生と不登校生交流の相乗効果

4月12日号

「不登校隔離」もったいない

T&M 講座 第23講

「不登校隔離」もったいない

4月12日号

「ひらつか元気応援ポイント」

福祉活動で得たポイントを交付金や商品と交換

「ひらつか元気応援ポイント」

4月12日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク