平塚版 掲載号:2018年1月1日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

社会福祉法人 平塚あさひ会 在宅からサ高住、特養まで 切れ目なきパートナー

 高齢者になっても安心して暮らせる地域づくりが求められる中、その担い手として多角的な高齢者福祉サービスを展開しているのが、社会福祉法人「平塚あさひ会」(眞敏昭理事長)だ。

 同会は、特別養護老人ホーム「れんげの郷」と「れんげの郷アネックス」の2施設(公所)、サービス付高齢者住宅「れんげの郷山下」を運営、デイサービスや訪問介護事業も幅広く手掛ける。

 自立した独居高齢者がサ高住に住み、必要が生じるに応じて介護サービスを利用、もしも本格的な介護が必要になれば特養へ居を移す――。

 そんな切れ目のないサービスを、利用者の顔と事情をよく知る法人が自己完結的に提供しているのが同会の特徴だ。

 れんげの郷は、県内初の全室個室型特養として開所。アネックスは、小規模で手厚い介護を志向した地域密着型特養として開設するなど、採算性よりも利用者の心に寄り添いながら歩んできた。

 サ高住のれんげの郷山下はプライベートなワンルームで、食事や安否確認といった基本サービスを提供。介護サービスも受けられ、自立から要介護まで幅広く住みやすい環境を用意している。

 特養の入居費は要介護3で年金収入が概ね80万円超242万円未満の場合、自己負担額は8万7545円。サ高住は家賃7万2千円〜・共益費3万円〜(生活支援費・食費など別)と安価だ。

 眞理事長は「ご家庭や経済的事情、必要な介護サービスなど様々な障害を一緒に乗り越えられる法人でありたい。入居要件など気軽にご相談ください」と話している。

社会福祉法人平塚あさひ会

平塚市公所705-1

TEL:0463-50-3465

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

知って欲しい「足場」のこと

薄田社長の良心リフォーム塾〈第23回〉

知って欲しい「足場」のこと

12月13日号

スマホを始めよう

月々980円〜

スマホを始めよう

12月13日号

「経済性?」「安全性?」どちらを選ぶ答えは両方備えた「新型ポロ」

子供の個性を活かすには

T&M講座 第31講

子供の個性を活かすには

12月6日号

年一度のキャンドルサービス

入場無料

年一度のキャンドルサービス

12月6日号

だから行くんです歳末のダイハツに

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 7月19日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク