平塚版 掲載号:2018年1月4日号
  • googleplus
  • LINE

まん丸イチゴ 食べごろ 人気の摘み取り体験も

社会

赤く実るイチゴを手に石塚さん
赤く実るイチゴを手に石塚さん
 県内有数のイチゴ産地である平塚市で、今月から摘み取り体験のシーズンが始まる。市内の各農園では、丸々と赤く実りはじめた果実を味わってもらおうと、さまざまな品種のイチゴの手入れ作業が本格化している。

 JA湘南によると、市内では11軒の農家がイチゴ狩り体験を実施。「さちのか」や「とちおとめ」など人気の品種が楽しめると市外から訪れる来場者も多い。また、イチゴはJA湘南あさつゆ広場(寺田縄)などでも販売され、高い鮮度で根強い人気を集めている。

 「昨夏の長雨や昨冬の寒暖差が心配だったが、きれいな赤色の実を付けてくれました」と話すのは、JA湘南いちご部会長の石塚宣吉さん(52)だ。市内寺田縄にある石塚さんの農園では、約400坪のビニールハウスで「とちおとめ」「おいCベリー」「紅ほっぺ」などの品種を生産。同園では5日から始まる摘み取り体験に向け、年間を通してダニなどの害虫対策や減農栽培に注力してきた。「そのままでも安心して食べてもらえるよう、衛生管理には特に注意しています」と石塚さんは説明する。

 今後は「湘南イチゴ」のブランド化を図り、販路拡大にも意欲を見せる石塚さん。「地場のイチゴは完熟状態で甘さ・色づきのバランスの良さが特徴。新鮮で旬なイチゴを味わってほしい」と話していた。

山協印刷 テクノフェアに出展

山協印刷は湘南クチコミナビ「湘南ナビ!」を応援しています。

http://www.shonan-navi.net

鈴木製餡所 テクノフェアに出展

10月20日(土)当店ブースで特選あんこ「湘南の夢®」(こし/小倉)など販売

http://suzukiseian.d.dooo.jp/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク