平塚版 掲載号:2018年2月8日号 エリアトップへ

高齢者支援のあり方学ぶ 市民の関心高くセミナーに250人

社会

掲載号:2018年2月8日号

  • LINE
  • hatena
250人が出席し盛況となった会場の様子
250人が出席し盛況となった会場の様子

 市在宅医療・介護連携支援センター主催の「これからの医療と介護を考える」と題する人材育成セミナーが3日、八重咲町の平塚プレジールであり、医療・介護関係者ら250人が参加した。6回目の今回は初めて市民も対象に開かれた。

 団塊世代が75歳以上の後期高齢者となるいわゆる「2025年問題」に向き合い、これからの高齢者支援のあり方を考えようと企画されたもの。第一部では平塚共済病院長の丹羽明博氏が基調講演に立った。

 丹羽氏は少子高齢化により医療財政がひっ迫するなか、時代に即した医療提供体制の必要性に言及し「限られた財源や資源のなかで地域ニーズに合った医療・介護の提供が必要」と指摘。病院や診療所、高齢者施設の情報を関係者間で共有し、住み慣れた地域で安心して最期を迎えられる仕組み作りが不可欠とした。

 第二部では市地域包括ケア推進課による医療・介護連携の取り組みについての報告やパネルディスカッションもあり、熱心にメモを取る人の姿も見られた。

 セミナーを主催した市在宅医療・介護連携支援センターは昨年10月、立野町の平塚栗原ホーム内に設置され、地域包括ケアシステムの構築にむけ医療・介護関係者のパイプ役として両者の連携を推し進めている。

 遠藤年彦センター長は「市民の皆様の関心も非常に高いと感じた」と総括。今後、医療・介護関係者の勉強会を充実させる一方、市民への啓発にも力を入れていくという。

平塚版のローカルニュース最新6

高浜高で介護授業

平塚市ツクイ

高浜高で介護授業 教育

定時制では初

11月26日号

ごみ拾いで恩返し

平塚柔道協会

ごみ拾いで恩返し 社会

会員らボランティア清掃

11月26日号

コロナ禍の子育て議論

コロナ禍の子育て議論 社会

市長と保護者が意見交換

11月26日号

野口さん胸に自作ワッペン

3回目の宇宙飛行を応援

野口さん胸に自作ワッペン 社会

幸町・若野さん制作

11月26日号

次の40年へ決意新た

次の40年へ決意新た 社会

商議所女性会が周年式典

11月26日号

サーマルカメラ寄贈

警察官友の会

サーマルカメラ寄贈 社会

平塚署の入口に設置

11月26日号

時代に流されない老舗のおせち

由緒ある正統派おせちで、明るい1年をはじめませんか

http://www.takeman.co.jp/

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月29日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク