平塚版 掲載号:2018年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

確定申告期を迎える平塚税務署長 枝崎 恵治さん 横浜市在住 58歳

「記憶に残る仕事をしよう」

 ○…「平塚市庁舎に移転してから、市役所のついでにお立ち寄りいただけるようになり、毎日の来庁者数も増えました」とにっこり。申告書の作成会場も今までのラスカホールから市庁舎に移した。昨年は、東京国税局管内で16番目に多い10万人超の納税者から確定申告を受付。「多い日で1800人を超える来場が見込まれる。長くお待たせしないよう効率よく対応したい」と気を引き締める。

 ○…北海道清里町で生まれ育ち、高校卒業後に東京国税局に入局。上場企業などを担当する調査部で長く経験を積んだ。「普段であれば会えない経営者と話し、様々な業界の話や人生訓を聞くことができた」と振り返る。旧物品税(消費税導入後に廃止)を所管する間税部時代は、当時開発中だったCD(コンパクトディスク)への課税審査を担当。国税局から警視庁へ一時転属し、警部として金銭がらみの事件を捜査したという特異な職歴も持つ。

 ○…「記憶に残る仕事をしよう。そう職員には話しています。壁にぶつかった時、それが支えになる」と仕事観を語る。これまでの豊富な経験もざっくばらんに伝え、人生にとって素晴らしい仕事を積んで欲しいと願う。昨年には「イクボス宣言」を行い、育児休業やノー超勤を推奨。「仕事をするには健康第一。あとは家族サービスを犠牲にしてきた自分への反省もありました」と頭をかく。

 ○…現職に就いたのは昨年7月。「親しみやすい温かな土地柄だと感じています。湘南平の絶景には感動してしまい、妻も連れてドライブに行きました。桜の時期が待ち遠しい」と任地の魅力を発見することが楽しい。「租税教育への取り組みが非常に熱心」と感謝する地元の法人会や税理士会らとの協力関係も深めたい。「税務署は人を大事にする仕事ですから、職員にも出会いを楽しみにして欲しい。私も多くの人と話していきたい」と現場主義を貫いていくつもりだ。

平塚版の人物風土記最新6件

永田 勝実さん

竹遊会の会長でリトアニア共和国に寄贈した花籠を編んだ

永田 勝実さん

6月14日号

堤 園子さん

青少年の健全育成のために農業体験や学習支援などユニークな活動に取り組む

堤 園子さん

6月7日号

根岸 吉治さん

馬入花畑の会の会長を務める

根岸 吉治さん

5月31日号

古田 玄さん

神奈川県弁護士会県西支部の支部長に就いた

古田 玄さん

5月24日号

小橋 恵子さん

県傾聴赤十字奉仕団 平塚分団の委員長に就任した

小橋 恵子さん

5月17日号

板垣 達也さん

(一社)平塚市観光協会の事務局長に就任した

板垣 達也さん

5月10日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク