平塚版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

平塚市博物館 クラウドで資金調達 天体望遠鏡購入のため

政治

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
劣化が進み買い替えられる天体望遠鏡(右は藤井さん)
劣化が進み買い替えられる天体望遠鏡(右は藤井さん)

 平塚市博物館は、今夏に観られる火星の大接近に合わせて天体望遠鏡1台を購入するため、必要な資金をインターネット上で募るクラウドファンディングの活用を計画している。財政健全化にむけた試みで、目標額は100万円。

 クラウドファンディングはインターネットを介して資金や人的な支援を不特定多数に求める手法で、国内外を問わず多くの個人や団体が利用している。平塚市が資金調達のために利用するのは初めてで、購入に必要なおよそ200万円のうちの半分を集めたい考え。

 天体望遠鏡の買い替えは、地球と火星が大接近する7月31日を見据えたもの。地球と火星は公転の軌道と速度が異なることから、およそ2年2カ月の間隔で接近を繰り返している。2003年8月27日には5576万Kmまで近付き、同日夜に博物館の屋上で開かれた観測会には300人を超える市民が訪れ、火星の姿をレンズ越しに楽しんだ。

 同館学芸員の藤井大地さん(32)によると、7月31日には火星に5759万Kmまで迫る。当日は03年同様に観測会が予定され、多くの来場者が予想される。

 一方、現在使われている天体望遠鏡は30年以上前に購入したもので、劣化も進んでいることから「火星の大接近を市民の皆様にしっかり観てもらうには、新しい望遠鏡が必要でした」と藤井さん。新たに購入するのは反射屈折式望遠鏡で「高性能で使いやすさも魅力」という。

 クラウドファンディングの活用について市財政課は「厳しい財政状況のなか、打開策の一つになるのかを検討する意味合いもある」としている。資金の受け付けは4月ごろから始まる見通し。集まった額に関わらず、不足分は市がまかなう。

平塚版のトップニュース最新6

6月の通常開催は中止

よさこい祭り

6月の通常開催は中止 文化

年内に代替企画目指す

5月7日号

電子図書館、7月開設へ

平塚市

電子図書館、7月開設へ 文化

非接触型サービスを拡充

5月7日号

コロナ苦境の力に

カレンカップ

コロナ苦境の力に 社会

2年ぶり 愛娘偲ぶ大会

4月29日号

「スターライト」に新機能

平塚市独自電子決済

「スターライト」に新機能 経済

地域通貨化見越し運用

4月29日号

5年ぶりに待機児童ゼロ

平塚市

5年ぶりに待機児童ゼロ 教育

保留児童は245人

4月22日号

港分団庁舎が完成

平塚市消防

港分団庁舎が完成 社会

5月から運用開始

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter