平塚版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

リトアニア共和国 農業大臣 市内を視察 市に記念樹の苗木贈呈

経済

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
マルカウスカス農業相(左)と苗木をもつ落合市長(左から2番目)
マルカウスカス農業相(左)と苗木をもつ落合市長(左から2番目)

 東京五輪・パラリンピックの事前キャンプを平塚市で実施するリトアニア共和国からブロニュス・マルカウスカス農業大臣とゲディミナス・バルブオリス駐日特命全権大使ら7人が5日、落合克宏市長を表敬訪問し、市内の農業関連施設を視察した。

 マルカウスカス農業相は「リトアニアは農業に力を入れており、乳製品や小麦などを他国に輸出している」と紹介、「ビジネスでも平塚市と友好を図りたい」と関係継続の意向を伝えた。

 市が県内で有数のコメの産地であることや、ブランド米「はるみ」が日本穀物検定協会から2年連続で最高評価の「特A」を受賞したことを落合市長が話すと、訪問団は感心した様子だった。

 市役所訪問後に農業相らは、特殊なフィルムで植物を栽培する技術を開発した市内企業のメビオールや、花と緑のふれあいセンター花菜ガーデン、すぎやまいちご園を巡訪、日本の農業に触れた。市担当者によると「設備や技術について熱心に質問し、密度の濃い時間を過ごしていた」という。

 また、今年は同国がロシア帝国から独立した国家再建100周年となる。これを記念して、同国ザラサイ州にある高さ23m、樹齢1500年を超えるとされる同国最古の記念樹「ヨーロッパナラ」から株分けされた苗木2株が、市に贈呈された。この苗木はドングリの苗木ポットなどの生育施設をもつ障害者福祉施設の進和学園で数年間育てられた後、市内に植樹される予定。植樹場所は調整中。

平塚版のトップニュース最新6

史上初の開催中止

七夕まつり

史上初の開催中止 社会

コロナ収束へ苦渋の決断

4月9日号

観光周遊コースなど改善

平塚市

観光周遊コースなど改善 社会

自転車活用推進計画を策定

4月9日号

七夕まつり 初の中止か

七夕まつり 初の中止か 経済

落合市長「通常の開催困難」

4月2日号

市と警察が防犯協定

市と警察が防犯協定 社会

治安イメージ向上図る

4月2日号

「リトアニアを知って」

東京五輪キャンプ

「リトアニアを知って」 文化

民間主導で交流企画

3月26日号

レッドゾーン94区域追加

土砂災害

レッドゾーン94区域追加 社会

市、ハザードマップ改訂

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 2月27日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク