平塚版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

(PR)

参加者募集 参加費無料 認知症をバーチャル体験 湘南西エリア初 社会福祉法人富士白苑

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
ゴーグルを通してリアルに体験
ゴーグルを通してリアルに体験

 社会福祉法人富士白苑が運営する平塚富士白苑では5月12日(土)、平塚市勤労会館(平塚市追分1の24)を会場に、湘南西エリアでは初めてとなる「VR認知症体験会」を開催する。時間は午前の部が10時30分から正午で午後の部は2時から3時30分。定員は申込み先着順で午前・午後それぞれ50人。定員になり次第終了。参加費用は無料。これは平塚富士白苑が平成30年度地域貢献事業の一環として認知症をテーマとする健常者向けの「介護教室」として開催される。

 認知症の表面的な行動は「徘徊」あるいは「介護拒否」「帰宅願望」「入浴拒否」「幻覚・錯覚」など、様々な専門用語で括られ、そうした行動は”認知症だから起こすもの”と思われがちです。しかし、混乱する環境に置かれれば、誰もが通常とは違う行動を起こしてしまうということを理解し、始まったのが、今注目を集める「VR認知症プロジェクト」です。

 この「VR認知症」は、認知症でない人がバーチャルリアリティ(VR)の技術を活用し、認知症の症状を疑似体験するというもの。認知症を「学ぶ」のではなく「体験する」ことにより、認知症への理解を深め、これまでの接し方とは違う「新しい寄り添い方」を見つけるきっかけとなることが期待されている。

体験者の声続々

 この「VR認知症」はこれまで9000以上の人が体験し、様々な感想が寄せられている。■認知症の方の気持ちを理解し寄り添いたいとずっと思ってきたがなかなかできなくて苦しんできた。体験を通じてこれからの自分がどうしていけばいいのかやっとわかった気がして涙がでた。(介護職員)■認知症に対して「大きな負」のイメージしかなかったが、体験を通じて負のイメージがなくなった。(大学生)■今まで受けてきた講義とは全く違う理解の仕方で驚いた。VR体験の力に大変驚かされた(認知症認定看護師)

■問い合わせ・申し込みは平塚富士白苑【電話】0463・61・1841(担当/加覧・白井)【FAX】0463・61・1426ホームページはhttp://www.fujishiro-group.com
 

平塚富士白苑

神奈川県平塚市唐ケ原1番地

TEL:0463-61-1841

http://www.fujishiro-group.com/

平塚版のピックアップ(PR)最新6

つよい心とやさしい気持ち育む

つよい心とやさしい気持ち育む

平塚二葉幼稚園

10月17日号

今日も伸びる伸ばす

今日も伸びる伸ばす

神田幼稚園

10月17日号

「大丈夫?我が家の相続」

なんでも聞ける相続入門の入門 地域貢献無料セミナー

「大丈夫?我が家の相続」

地域密着の税理士がわかりやすく解説

10月17日号

孫も来たがる家にしよう

薄田社長の良心リフォーム塾〈第33回〉

孫も来たがる家にしよう

10月10日号

クルマの税金、下がりました

フォルクスワーゲン

クルマの税金、下がりました

クリーンディーゼルなら、所有コストも大幅減

10月3日号

「専門知識を生かしたい」

耳鼻咽喉科に常勤医師が着任 医療レポート

「専門知識を生かしたい」

取材協力/伊勢原協同病院

10月3日号

ららぽで年利0・24%上乗せ

スルガ銀行

ららぽで年利0・24%上乗せ

3周年の感謝を込めてキャンペーン

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

北澤豪さんが魅力を解説

北澤豪さんが魅力を解説

ブラインドサッカー体験

10月22日~10月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク