平塚版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

(株)フリーデン 「やまと豚」 安全お墨付き 家畜・畜産部門初のJGAP認証

社会

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
認証第1号の大平牧場の様子(提供写真)
認証第1号の大平牧場の様子(提供写真)

 銘柄豚肉「やまと豚」の生産・販売などを手掛ける(株)フリーデン(森延孝社長)が、東北と北関東に構える6農場で食品の安全や環境保全に取り組んでいるとして、(公社)中央畜産会から「JGAP農場」の認証を受けた。養豚部門での認証は同社が初めて。

 「JGAP」は、青果物や穀物など農産物の安全性向上などを目指して農水省が推進する農業生産工程管理の手法。2020年の東京五輪・パラリンピックでは、認証取得が選手村への食材提供基準になっており、「食の安全」を示す新しい付加価値として小売業界でも注目されている。

 認証を受けるには注射針や使用薬剤、検査等の管理手順のマニュアルを定めて記録に残し、病気の早期発見と治療ができる仕組みを確立するなど、農場管理に関する100を超えるチェック項目の審査がある。

 同社の大平牧場(群馬県)が昨年8月に家畜・畜産部門でJGAP認証第1号を取得し、岩手県や秋田県に構える残り5農場で審査を実施。2月28日に年間27万頭の「やまと豚」を生産するすべての農場で認証を受けた。

 同社生産企画室次長の八日市屋敏之さんは「消費者や食品事業者の皆様に、より安全で安心な豚肉をご提供できるよう努めてまいります」と話していた。

平塚版のトップニュース最新6

3カ月ぶり、学校再開

平塚市

3カ月ぶり、学校再開 教育

分散登校や授業短縮も

6月4日号

1人1台タブレット整備

平塚市立小中学校

1人1台タブレット整備 教育

全教室に大型モニターも

6月4日号

医療従事者へ感謝の灯

平塚市

医療従事者へ感謝の灯 社会

南口噴水をライトアップ

5月28日号

新「吾妻橋」が開通

県道63号金目川

新「吾妻橋」が開通 社会

右折レーンで渋滞解消へ

5月28日号

ウェブで市民対話

龍城ケ丘プール跡地

ウェブで市民対話 政治

コロナで説明会できず

5月21日号

規格外 無駄なく商品化

JA湘南

規格外 無駄なく商品化 文化

農産品の消費拡大目指す

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク