平塚版 掲載号:2018年6月7日号 エリアトップへ

平塚市 見附台 事業費132億円を想定 龍城ケ丘は12億円見込む

政治

掲載号:2018年6月7日号

  • LINE
  • hatena

 5日開会した平塚市議会6月定例会で、市は、見附台周辺地区と龍城ケ丘プール跡地の整備・管理運営事業について、それぞれの事業費132億5千万円と12億円の債務負担行為を設定する補正予算案を提出した。

 見附台周辺整備は、民間事業者が(仮称)新文化センターや公園、商業施設、駐車場などを建設し、管理運営する。新文化センターを含む公共施設の建設費や管理費は市費で負担する計画だ。

 今回設定した債務負担行為は、公共施設の整備費や20年間の維持管理費など、市が2018年度〜41年度で負担する上限額を見通した。事業者の意向を反映して計画を進めるとし、総額132億円を積算した内訳や根拠は明らかにしていない。

 市は7月下旬に事業者の募集要項を公表、年内に契約を結び、22年3月に新文化センターを開館させる予定だ。

 龍城ケ丘プール跡地の公園整備は、民間事業者が整備費や管理費の一部を負担、収益施設を併設して運営する「パークPFI制度」を活用して進める計画だ。

 予算案で設定した債務負担行為は、駐車場や広場など公園部分の整備費10億円、22年間の維持管理費2億円の上限額を計上した。市負担の整備費のうち半分の5億円は国交付金を財源に見込む。民間事業者は、公園整備費の一部と収益施設の建設費を投資する。

 市は今年夏に事業者の募集を開始、18年度内に事業者を選定し、東京五輪の開催される20年度の完成を目指したいとしている。

平塚版のトップニュース最新6

湘南平の新マップ完成

湘南平の新マップ完成 社会

大磯町と共同で製作

11月21日号

七夕太鼓、リトアニアに響く

七夕太鼓、リトアニアに響く 文化

保存会が訪問、喝采浴びる

11月21日号

自然科学で見る賢治の世界

市博物館

自然科学で見る賢治の世界 文化

友好都市協定35周年で特別展

11月14日号

食品ロス対策など採択

食品ロス対策など採択 政治

5事業を官民協働で

11月14日号

常盤卓嗣会頭を再任

平塚商工会議所

常盤卓嗣会頭を再任 経済

行政への積極的な提言に意欲

11月7日号

市の被害額は3億円

台風19号

市の被害額は3億円 政治

ふるさと納税で寄付呼びかけ

11月7日号

国語、算数平均下回る

全国学力調査

国語、算数平均下回る 教育

中学英語は初実施で全国並み

10月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク