平塚版 掲載号:2018年6月7日号
  • LINE
  • hatena

平塚市 見附台 事業費132億円を想定 龍城ケ丘は12億円見込む

政治

 5日開会した平塚市議会6月定例会で、市は、見附台周辺地区と龍城ケ丘プール跡地の整備・管理運営事業について、それぞれの事業費132億5千万円と12億円の債務負担行為を設定する補正予算案を提出した。

 見附台周辺整備は、民間事業者が(仮称)新文化センターや公園、商業施設、駐車場などを建設し、管理運営する。新文化センターを含む公共施設の建設費や管理費は市費で負担する計画だ。

 今回設定した債務負担行為は、公共施設の整備費や20年間の維持管理費など、市が2018年度〜41年度で負担する上限額を見通した。事業者の意向を反映して計画を進めるとし、総額132億円を積算した内訳や根拠は明らかにしていない。

 市は7月下旬に事業者の募集要項を公表、年内に契約を結び、22年3月に新文化センターを開館させる予定だ。

 龍城ケ丘プール跡地の公園整備は、民間事業者が整備費や管理費の一部を負担、収益施設を併設して運営する「パークPFI制度」を活用して進める計画だ。

 予算案で設定した債務負担行為は、駐車場や広場など公園部分の整備費10億円、22年間の維持管理費2億円の上限額を計上した。市負担の整備費のうち半分の5億円は国交付金を財源に見込む。民間事業者は、公園整備費の一部と収益施設の建設費を投資する。

 市は今年夏に事業者の募集を開始、18年度内に事業者を選定し、東京五輪の開催される20年度の完成を目指したいとしている。

平塚版のトップニュース最新6件

災害情報を多言語配信

平塚市

災害情報を多言語配信

1月17日号

アクセル全開「成長を加速」

湘南ベルマーレ

アクセル全開「成長を加速」

1月17日号

「今こそ、福祉の原点に」

元盲学校教員松浦恵子さん

「今こそ、福祉の原点に」

1月10日号

救急件数が過去最多

リトアニアとの交流へ意欲

大ホールは3層1200席

見附台再開発

大ホールは3層1200席

1月1日号

ワインに集う ぶどう畑のさんぽ

平塚市松風町にオープンした店内でペットと一緒にワインが楽しめるお店

https://budoubatakenosanpomichi.jimdofree.com/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月20日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク