平塚版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

薄田社長の良心リフォーム塾〈第17回〉 玄関ドアは「家の顔」

 (有)リョウシンリフォームの薄田大輔社長によるリフォーム塾。今回は玄関ドアについて解説する。

 ――リフォームのタイミングはいつでしょう。

 「建付けの不具合、取っ手や鍵の故障、風化による見栄えの悪さが見え始めたら交換時期。おおよそ築25年が目安です」

 ――工事のポイントは。

 「従来の工法は既存の枠を解体し、新しい枠を取り付けてドアを交換します。外壁を補修する費用はかかりますが、仕上がりはきれいです。

 古いドアだけを外して枠は残し、上から新しい枠をかぶせる簡易な『カバー工法』もありますが、当社はお勧めしません。古い枠の上から新しい枠をかぶせるため、とても太い枠になり見た目が不自然です。床に段差が生じることもあり、玄関全体の間口が狭くなります。

 従来工法はカバー工法と違い、サッシ職人だけでなく、大工、左官職人らも関わります。周囲に馴染む仕上がりにする腕も必要ですから、その会社の技術を見極めて依頼して欲しいと思います。

 家の顔である玄関ドアは建物全体のイメージをよくしてくれます。現在は欄間をなくし、2m30cm程度の背の高いドアが人気。防犯のため鍵が2つのタイプが主流で、子供が飛び出ないよう内鍵のついた商品もあります。

 当社は、幅広い分野で腕利きの専門職人さんを固定し、どんな工事も高い品質で対応しております。何でもお気軽にご相談ください」

※本日朝刊で折込配布の当社チラシもご覧下さい

㈲リョウシンリフォーム

平塚市四之宮3-8-20

TEL:0120-6406-12

http://www.ryoushin-reform.com

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

床暖房はエコかつ健康的

薄田社長の良心リフォーム塾〈第24回〉

床暖房はエコかつ健康的

1月17日号

通信教育で社会福祉士に

『給付金制度』を活用して国家資格取得 4月入学受講生募集

通信教育で社会福祉士に

1月17日号

手をつなぎたくなる街 湘南ひらつか

2次相続と空家の問題今から備える理由とは

引き継ぐ子世代に聞いてほしい 無料セミナー

2次相続と空家の問題今から備える理由とは

1月10日号

菜の花満開の二宮へ

手に職が未来を変える

ワインに集う ぶどう畑のさんぽ

平塚市松風町にオープンした店内でペットと一緒にワインが楽しめるお店

https://budoubatakenosanpomichi.jimdofree.com/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月20日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク