平塚版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

蓮の大輪 夏告げる 要法寺で見頃

文化

晴天に映える白い蓮と要法寺本堂(7月2日撮影)
晴天に映える白い蓮と要法寺本堂(7月2日撮影)
 日蓮宗要法寺(平塚4の10の10)で蓮が見頃を迎えている。境内には大人の背丈ほどに育った約70株の蓮が並んでおり、開花した花弁は、強い夏の日差しを浴びながら、どこか涼しげだ。

 蓮は2日ほどかけて少しずつ開花し、見頃を迎える。初めは黄色の花托も、次第に緑色に変化し、4日ほどで散ってしまう。

 例年七夕頃まで楽しめるといい、午後には花が閉じてしまうため、同寺では午前6時30分から開門している。

 問い合わせは同寺【電話】0463・34・0618。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ともに生きる」体験イベント

「ともに生きる」体験イベント

パラスポーツなど紹介

9月22日~9月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク