平塚版 掲載号:2018年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

議会報告 五輪キャンプ費用対効果は 市議会議員 金子修一

今年度経費に約1億円

 平塚市は、2020年東京オリンピック・パラリンピックにあわせ、リトアニア共和国(人口285万人)の事前キャンプをホストタウンとして受け入れます。

 開催を2年後に控えた今年度、市はオリパラ担当部長を新設し、担当職員は前年度から2人増の8人を配置しました。人件費は約7500万円で、前年度比で約2000万円増額されています。

 また、事前キャンプの準備やそれに伴う関連事業のため、2213万円が今年度一般会計当初予算に計上されました。内訳は、職員が同国を訪問する旅費280万円、日本リトアニア交流センターへのアドバイザー料380万円、ひらつかリトアニア交流推進実行委員会への補助金1500万円です。

 人件費と事業費をあわせ、年間約1億円を投資することになります。

 昨年度は、市長と職員4人が同国へ渡航し、164万円を支出。同国からの訪問団27人が来平した際は、市が宿泊費の全額427万円を負担しました。今後もリトアニアとの交流に年1億円以上を投じる見通しです。

 市は2月、リトアニア交流推進基本方針を策定し、スポーツ振興や文化交流、事業者間の経済交流にも取り組むとしていますが、まだ具体的な成果目標は見えません。

 確かにリトアニアとの交流は、市民にとって貴重な体験や友情を生んでくれるはずです。しかし、数億円もの費用をかけるべき事業なのでしょうか。費用対効果を見極めながら進めるべきと、今後も議会で求めていきます。

 市は現在、見附台周辺と龍城ケ丘ゾーンの整備計画を進めており、多額の支出が見込まれます。教育・福祉・子育てへの予算配分も必要です。

 市の借入金は現在、1109億円あります。財政運営が厳しさを増す中で、税金の使い方について真剣に考えていただくため、今後も問題提起をし続けていきます。

金子修一

平塚市立野町

TEL:0463-34-8300

http://scn-net.easymyweb.jp/member/kaneko/

平塚版の意見広告・議会報告最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク