平塚版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

ふるさと納税 返礼品用意し2100万円 平塚発祥「生チョコ」に人気集まる

経済

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena

 総務省が6日に発表した2017年度のふるさと納税の現況調査結果によると、平塚市は1091件、約2100万円を集めた。県内33市町村のうち25位だった。県全体の受入額は、前年度比23億9千万円増の73億6千万円で、市町村別の1位は寒川町の15億3279万9千円だった。

 ふるさと納税は、自治体に寄付した寄付額のうち2千円を超える部分を所得税と住民税から控除する制度。生まれ故郷や応援したい自治体など自由に寄付先を選ぶことができる一方、寄付金を集めたい自治体間の過熱競争により、返礼品の高額化などが問題になっていた。

 平塚市は、新たな歳入確保と街の魅力を発信するシティプロモーションの手立てとして、昨年度から返礼品制度を導入。市内事業者へ呼びかけ、地元産の食品や工業製品、サーフィンの体験など31事業者の78品目を用意。専門ウェブサイトで周知を図っていた。

 市担当課によると返礼品の人気は、生チョコレート3種詰め合わせ((株)シルスマリア)や干物セット(高甚商店)、神奈中バス模型2点に集中しており、寄付者は東京都の305件に続いて、県内244件、大阪府73件だという。一昨年度は返礼品の用意がなく、12件で60万円に留まっていただけに、市担当課は「返礼品制度を導入した初年度としては、思いのほか反響があった」と一定の手応えを感じたものの「他の自治体と比べて大きく開いてしまったのは残念」と語った。

 また、市内事業者から体験型の返礼品の提案が寄せられているといい、市担当課は観光客に直接、平塚をPRできる貴重な機会として、「前向きに導入を検討していきたい」と話している。

 

平塚版のトップニュース最新6

学生目線で団地再生

東海大学

学生目線で団地再生 教育

県住宅供給公社と連携協定

1月23日号

「安全対策」を明文化

教育大綱改訂

「安全対策」を明文化 社会

土屋小れき死事故うけ

1月23日号

「情熱」を胸に前進

湘南ベルマーレ

「情熱」を胸に前進 スポーツ

節目の年に決意表明

1月16日号

江戸の暮らし読み解く

江戸の暮らし読み解く 文化

栁川家古文書 博物館で展示

1月16日号

浮嶋体制 新シーズン始動

ベルマーレ

浮嶋体制 新シーズン始動 スポーツ

12日、新春Showでチーム披露

1月9日号

民間事業者を選定

中央図書館

民間事業者を選定 社会

窓口業務を委託へ

1月9日号

ツインまちびらきへ

ツインまちびらきへ 政治

落合市長 2020年の展望語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク