平塚版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

親元を離れ平塚へ 南金目の小澤さん

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
戦争体験を語る小澤さん
戦争体験を語る小澤さん

 1945年7月16日夜から17日未明にかけ市街を襲った「平塚空襲」から73年が経った。戦時中、市内各地ではどんな暮らしがあったのか。戦争体験者に話を聞いた。

 南金目在住の小澤節子さん(82)は、疎開先の広川で終戦を迎えた。当時小学校3年生。親元を離れて暮らす不安から「毎日泣きたいような気持ちだった」と振り返る。

 両親と姉、弟の5人で暮らしていた横浜市南区中村町は、軍の関連工場が近くにあり「いつか空襲がくる」と言われていた。姉は身体が弱く、弟はまだ小さかったため、祖父がいる広川へ疎開したのは自分だけだった。

 隣には、東京から疎開した子供がいて、遊び相手はたくさん。木登りをしたり、芋団子を食べたりして過ごした。「善福寺には兵隊さんが駐屯していて、お風呂を借りにきた」と小澤さん。風呂にためる井戸水を汲むのが子供の役目だった。

 金目村国民学校(現・金目小学校)まで金目川沿いの道を歩いて通学した。空襲警報が鳴ると、通常の通学路では隠れる場所がないため、小学校の裏の山を越えて帰宅しなければならなかった。「子供の足だから、山を登るのが辛くて。男の子たちは飛行機を見るからって仰向けに寝転がっていたけど、私は怖くてしょうがなかった」。麦畑やトマトなど、背の高い草むらに入り身を隠した。

 7月16日、近所の防空壕に入った。「お尻からドスン、ドスンと音がした。火薬廠の方が真っ赤だった」と今でも鮮明に思い出す。米軍機が去り、防空壕を出て高麗山辺りを見ると、紫や赤にちらちら光る火花を見た。「今思えば山に爆弾が落とされたのかもしれない。でも当時は小さかったから、花火みたいだなぁ、と眺めていた」と回想する。

 「早く戦争終われ」と、家族が恋しく何度も祈った。終戦を迎えたが、横浜の家も空襲で焼けてしまったため父が迎えに来たのはその年の冬だった。

小澤さんは「子供を手離すのがどんなことか。もう絶対に戦争はしてほしくない」と語気を強めた。

平塚版のローカルニュース最新6

広報紙使用の写真に異議

広報紙使用の写真に異議 社会

市議会で議員が指摘

9月16日号

防災標語を募集中

防災標語を募集中 社会

平塚市、10月8日まで

9月16日号

城所で古家リノベーション

城所で古家リノベーション 社会

自然の価値 発信する場に

9月16日号

来館者でつくる演奏会

来館者でつくる演奏会 文化

23日(木) 八幡山の洋館で

9月16日号

夢に向かい卒業式

夢に向かい卒業式 教育

SBC通信課程で

9月16日号

地域の安全・安心に一役

地域の安全・安心に一役 社会

第一生命が平塚署と協定

9月16日号

相模水産有限会社

平塚市花水台36-5

0463-31-6266

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook