平塚版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

記録的猛暑 熱中症相次ぐ 救急搬送 昨年の倍ペース

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena

 40度を超す記録的な猛暑が日本列島を襲うなか、平塚市内の熱中症による救急搬送が急増している。5月中旬から今月23日までに52件の救急搬送があり、昨年同時期よりも26件多い。夏本番を迎え、市消防本部救急課では、厳重な熱中症対策を呼びかけている。

 同課によると、7月は23日時点で45件(前年比25件増)の救急搬送があった。屋外で活動していた男性の搬送が31人と多く、全体のおよそ6割を占めた。幼児・小中学生は7人だった。

 関東甲信の梅雨明けは例年7月中旬ごろだが、今年は6月下旬と早かったことから、熱中症が増加したと考えられる。

 同課担当者は「搬送件数がとても速いスピードで増えている。幸い死者は出ていないが、10月まで十分な警戒が必要では」とみる。救急搬送の件数は昨年が66件、一昨年は58件、2015年は73件だった。今年はすでに14年の48件を上回った。

 現在、市ではホームページを通じて、熱中症対策を周知している。熱中症は、大量の発汗や筋肉痛、こむらがえりが初期症状としてみられ、重度になると意識を失うこともある。こまめな水分補給や塩分補給、適度な休憩、通気性の良い服装、身体を冷やすなどの対策が効果的という。

平塚版のトップニュース最新6

学生目線で団地再生

東海大学

学生目線で団地再生 教育

県住宅供給公社と連携協定

1月23日号

「安全対策」を明文化

教育大綱改訂

「安全対策」を明文化 社会

土屋小れき死事故うけ

1月23日号

「情熱」を胸に前進

湘南ベルマーレ

「情熱」を胸に前進 スポーツ

節目の年に決意表明

1月16日号

江戸の暮らし読み解く

江戸の暮らし読み解く 文化

栁川家古文書 博物館で展示

1月16日号

浮嶋体制 新シーズン始動

ベルマーレ

浮嶋体制 新シーズン始動 スポーツ

12日、新春Showでチーム披露

1月9日号

民間事業者を選定

中央図書館

民間事業者を選定 社会

窓口業務を委託へ

1月9日号

ツインまちびらきへ

ツインまちびらきへ 政治

落合市長 2020年の展望語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク