平塚版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

記録的猛暑 熱中症相次ぐ 救急搬送 昨年の倍ペース

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena

 40度を超す記録的な猛暑が日本列島を襲うなか、平塚市内の熱中症による救急搬送が急増している。5月中旬から今月23日までに52件の救急搬送があり、昨年同時期よりも26件多い。夏本番を迎え、市消防本部救急課では、厳重な熱中症対策を呼びかけている。

 同課によると、7月は23日時点で45件(前年比25件増)の救急搬送があった。屋外で活動していた男性の搬送が31人と多く、全体のおよそ6割を占めた。幼児・小中学生は7人だった。

 関東甲信の梅雨明けは例年7月中旬ごろだが、今年は6月下旬と早かったことから、熱中症が増加したと考えられる。

 同課担当者は「搬送件数がとても速いスピードで増えている。幸い死者は出ていないが、10月まで十分な警戒が必要では」とみる。救急搬送の件数は昨年が66件、一昨年は58件、2015年は73件だった。今年はすでに14年の48件を上回った。

 現在、市ではホームページを通じて、熱中症対策を周知している。熱中症は、大量の発汗や筋肉痛、こむらがえりが初期症状としてみられ、重度になると意識を失うこともある。こまめな水分補給や塩分補給、適度な休憩、通気性の良い服装、身体を冷やすなどの対策が効果的という。

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

ボランティアへ感謝状

東京五輪

ボランティアへ感謝状 文化

リトアニア大使が来平

9月23日号

認知症患者に働く場を

認知症患者に働く場を 社会

市内法人が機会創出

9月23日号

延期か中止の危機

市立中学修学旅行

延期か中止の危機 教育

昨年に続きコロナ禍で

9月16日号

市も塩害調査実施へ

龍城ケ丘プール跡地

市も塩害調査実施へ 政治

地元住民が検証結果提出

9月16日号

シイラで地域の魅力発信

平塚農商高

シイラで地域の魅力発信 経済

地元飲食店と商品開発

9月9日号

妊婦の「声」に耳傾け支援

妊婦の「声」に耳傾け支援 社会

運営資金をクラファン

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook