平塚版 掲載号:2018年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

信号制御機 2割が更新時期を超過 県警「おおむね心配ない」

社会

制御機を説明する署員(県合同庁舎前交差点で30日)
制御機を説明する署員(県合同庁舎前交差点で30日)
 信号機の老朽化に伴う誤作動の懸念が全国的に指摘されるなか、本紙では、平塚市内の信号機の現状について取材した。更新時期を超過した信号制御機が全体のおよそ2割にのぼることが分かった。

 平塚警察署交通課によると、車両用と歩行者用の信号機は市内に1900機以上、点灯・点滅を指示し、時間帯に応じてその周期を変える信号制御機は344機を数える。

 信号機の心臓ともいえる制御機の更新目安は19年といわれ、今年5月末時点で19・8%にあたる68機が更新時期を超過。市内でもっとも古い制御機は設置から28年が経っている。

 県警本部交通規制課によると、県の厳しい財政状況が更新を滞らせている。1機につき100万円を超える試算もあるなか、同課では「大きな交差点や近い将来故障が懸念される所から進めていきたい」と、優先順位をつけて更新を進めていきたい考えだ。

 海に面する平塚市では海岸線近くの信号機・制御機は潮風にさらされることから、目安の更新時期が19年に満たない。一方、山間部の更新時期はこれより長いという。

 こうした地域性を踏まえ、県警では定期的なメンテナンスを実施している。担当者は「引き続き安全に最大限努めていくが、平塚市内の信号はおおむね心配ないのでは」としている。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ともに生きる」体験イベント

「ともに生きる」体験イベント

パラスポーツなど紹介

9月22日~9月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク