平塚版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

塀の除去に補助金 大阪の地震うけ安全強化

社会

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena

 6月18日に発生した大阪府北部地震でブロック塀の倒壊により児童が死亡したことをうけ、平塚市は22日、市内の危険なブロック塀や石塀の除去費用について補助制度を新設・拡充すると発表した。開会中の9月定例会に3027万6千円の補正予算案を上程した。

 市職員が建築基準法に基づき点検を実施、塀の厚さや高さ、ひび割れの有無などを点数化し、危険度「大」と診断された塀が補助の対象となる。

 所得が91万円以下の2人世帯など市民税が非課税の世帯に対し、幅4m以上の道路に面する塀について除去費用の全額もしくは上限30万円の補助を新設する。

 このほか、幅4m未満の道路に面する塀や、幅4m以上の道路にある塀を除去し生け垣を設置する際も、現行の補助制度を拡充することで助成の対象とする。

 市建築指導課によると、今年度に入り倒壊が懸念される塀について市民からの相談が地震前は2件だったのに対し、6月18日以降は今月20日までに71件寄せられた。

 懸念の声が高まるなか市教育委員会では、市内小中学校の通学路にある主要390カ所の塀を調査、このうち204カ所で破損が確認された。現在、市では個別訪問をして改善を呼びかけている。

 今後、市では市内全域のブロック塀や石塀の所有者に対し、点検や改善を促す啓発活動に力を入れていく方針。

平塚版のローカルニュース最新6

コロナ陽性145人

コロナ陽性145人 社会

平塚市内 年明けの状況

1月20日号

1年越しの笑顔咲く

1年越しの笑顔咲く 社会

「二十歳の同窓会」実現

1月20日号

平塚中等が東関東大会へ

平塚中等が東関東大会へ 文化

アンサンブルコンテストで

1月20日号

2年ぶりちびっ子マラソン

防犯意識呼びかけ

防犯意識呼びかけ 社会

「110番の日」に

1月20日号

平塚YEGに協賛

平塚信用金庫

平塚YEGに協賛 社会

2月公開セミナーに活用

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook