平塚版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

平塚工科高 1年で「王者」返り咲き ソーラーカーレースで優勝

教育

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ平塚工科高社会部メンバー
優勝を喜ぶ平塚工科高社会部メンバー

 鈴鹿サーキット(三重県)で今月3日と4日に開かれた4時間耐久のソーラーカーレースで平塚工科高校社会部(菅野忠一顧問)が、18歳以下のエンジョイクラスIで優勝した。昨年は8連覇を逃して涙を飲んだが、14人の部員が「いつも通り」を合言葉に立て直し、夏の鈴鹿を駆け抜けた。

 レースはソーラーパネルとモーター、バッテリーを搭載した車両で全長5・8Kmのコースを4時間以内の周回数を競い合った。社会部は企業や大学生などを含む24チームが出場した決勝レースで46周を走り切った。総合優勝は企業チームに譲ったが最後までトップを脅かし、2位でチェッカーフラッグを受けた。

 第1ドライバーで部長の鈴木到吾さん(3年)は「整備からチームワークが良く、レースでは状況に合わせていつも通りを心がけた。目標の優勝が達成できてうれしい」と喜ぶ。第2ドライバーを務めた石井凛さん(2年)は、「来年は部員が減っていても強いという姿を見せたい」と連覇を見据えた。同部は2000年に同レース初出場で準優勝、10年に初優勝で7連覇を達成している。

平塚版のローカルニュース最新6

災害備蓄品を寄贈

春日野中PTA

災害備蓄品を寄贈 教育

50人分を確保

1月27日号

市民ら要望書提出

龍城ケ丘整備事業

市民ら要望書提出 政治

塩風調査の反映求める

1月27日号

平塚パワーズが講演

平塚パワーズが講演 社会

女性目線の防災対策を発信

1月27日号

七草俳句を選出

市観光協会

七草俳句を選出 文化

長楽寺で表彰

1月27日号

塩風調査法を発表

龍城ケ丘整備事業

塩風調査法を発表 政治

海岸地域10カ所で実施

1月27日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook